▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

分数大好き優子社長の書道歴!小数大好き書道題字コンテスト作品募集中

現在、春に発売予定の『小数大好き』

その題字コンテストをしております。

書道にこだわるのは、

優子社長が書道を嗜んだでいるから

優子社長が書道の先生をしているから

ではなく、

書道が日本の伝統文化だからです。

でも、書道が大好きなことは確かです。

しかし、優子社長は昔

書道が だいっきらいだった のです。

字が汚くて汚くて

母を含めた家族から「きたないね」と言われ続けておりました。

当然、小学校の書道授業は全くうまくできずに

大っ嫌いでした。

だから、幼い頃に書道教室に通ったということもありません。

そんな優子社長が書道教室に通い始めたのは

20代後半かならなのです。

昔夢だった「小学校の先生になりたい」という夢を叶えるため

通信大学に通いで教員免許を取得することにしました。

その中で、母から

「小学校の先生は字がきれいだから」と言われ

自分でも確かに今の字ではいけないな・・・・

そう思って書道教室へ通い始めました。

まだまだ浅い書道歴ですが、師範の資格を取得することができました。

小学校でも書道の先生として教壇にたったり

寺子屋ユウコチャングムという自分でやっている学習施設で

書道を教えることができるまでになりました。

インフルエンザが回復して、頑張って外出することにした

その外出先も「書道教室」でした。

大っ嫌いだった書道がいまでは大好きなのです。

結婚式の招待状も書道で書きます。

すぐにきれいに書けるわけではなく、ひたすら練習します。

師範の資格を持っていようが、とにかく練習です。

大っ嫌いだった書道を大好きになったけれど

上手になったわけではないのです(笑)

でも、それでもずっと続けていると

最初よりは見違えるように綺麗です。

書道歴の話をしましたが、

今回の書道コンテストで、書道歴は全く関係ありません。

パッケージはデザインですから

綺麗なもの が選ばれるのではなく、小数大好きにあった文字が選ばれます。

ぜひ、応募してほしいです。