▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

分数大好き優子社長、天満神宮書道大会の審査に参加しました

8月1日は

天満神宮書道大会の審査の日です。

数年前から審査員をさせていただいております。

幼稚園から大人まで

書道をするたくさんの人が応募する大会です。

上手な文字

きれいな文字と

一言でいっても、

大きな文字で綺麗な文字

小さいけれどまとまってきれいな文字

など、見方はたくさんあります。

審査員には自分の好みの文字もあります。

なかなか一番きれいな文字を選ぶというのは

本当に難しいことです。

真剣に書いた文字だからこそ、審査員も真剣です。

2度書きがないか

文字に間違いがないか

それも細かくチェックします。

大変ですが、

これだけたくさんの方が

書道を嗜んでいるのだなと思うと嬉しく思います。

出品するには600円かかります。

もちろん儲けるための出品料ではありません。

賞状を用意して

トロフィーを用意して

審査会場を借りて

表彰式の会場を借りて

と運営費に充てられます。

出品料があるので

なかなか公立の学校が応募するのは難しいようです。

でも、自分が書いた作品が

賞をもらえるというのは

こどもたちには喜びになります!!

金賞だ!

今回は特別賞になった!!

などなど

毎年楽しみがあります。

もちろん成績が下がってしまうこともあります。

その時に、

次ことは頑張ろうと思えたり

落ち込んだり

あと一歩で特別賞だったのにと悔し涙を流すこともあります。

涙を流すほど

真剣に、情熱を注いで書いたんだなと思うと

胸が熱くなります。

何か挑戦すると

こどもたちの心の成長があると思うのです。

学校で応募するのは難しいとは思いますが

全学校が応募し

子どもたちが挑戦するチャンスが

すべてのこどもたちにあったらいいなと思っております。

また来年も

審査に参加できれば嬉しいです。