▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

分数大好き優子社長は映画大好き「泣き虫しょったんの奇跡」を鑑賞

本日公開の

「泣き虫しょったんの奇蹟」を見に行きました。

タイトルになっている「しょったん」というのは、

主人公のニックネームです。

優子社長は、映画が大好きです。

35歳でプロ棋士になった実話の映画です。

プロ棋士は奨励会に試験を受けて入って

26歳までに4段になれなければプロの道は絶たれます。

そこから就職するなり進学するなりしないといけません

しかし高校に行かずに奨励会に入る人もいるようですので

中卒で将棋しかやっていないのに

26歳になっていきなり

社会へ放り出されるわけですから

厳しい世界だなと思います。

主人公も26歳までに4段になれず

プロの道は絶たれてしまいます。

しかし将棋は好きでアマチュア将棋の世界でトップになります。

アマチュアでトップになると

プロ棋士と対戦する機会も与えられる大会もあるそうです。

その対戦から新しいプロの道が開けます。

諦めなければ道が開ける

という単純なメッセージの映画だけではなく

様々なメッセージを感じました。

とくに小学校の時の担任の先生の言葉が

人生の節目節目で主人公の背中を押します。

先生という仕事をしている優子社長は、

先生という仕事のやりがいと責任を感じました。

ちなみに先生が主人公に送った絵葉書と同じ絵葉書を持っています

そこもちょっと嬉しかったです(笑)

主人公が35歳でプロ棋士になった実話から

遅咲きの桜だってあるということも感じました。

回り道をしたって

それも大事のかもしれません。

広い視野を持つことで、違う強さを手に入れることができる

たくさんのメッセージを与えてもらった映画でした。

ちょい役で出てくる俳優陣がすごすぎてそれにもびっくりしました!!

素敵な映画なので

ぜひ見ていただきたいです。