▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

分数大好き優子社長、シャトレーゼのケーキを分ける

つい最近、シャトレーゼというお菓子屋さんが

本当に安くて美味しいと発見し

アイスケーキを買いました。

4人で分ける場合は書いてありまして

この通りにきれば

マカロンやいちごの飾りもちゃんと

平等にわけられるようです!!

「平等」大事です(笑)

優子社長が買ったケーキ

今回は5人で食べるので5等分しなくてはいけないのです!!

単純に縦に5等分する方法が真っ先に浮かびますが

これは平等さに欠けるというのが優子社長の考えです。

物差しがあっても

人間の手で硬いアイスケーキを切るとなれば

曲がるでしょう。

ちなみに横の長さは17cmなので

17cm÷5人=3.4cm

一人3.4cm幅ずつとなります。

包丁をいれる回数は4回

回数が多いとそれだけずれるので

今回は下のようなプランを立てました

端だけまっすぐ

あとは三角。

形が違うので不公平があるように思えますが

面積が同じになっております。

一番端の長方形の面積は

縦×横=縦の長さ7.7cm×3.4cm=26.18

三角形の面積は

底辺×高さ÷2=6.8cm×高さ(縦)7.7cm÷2=26.18

三角のケーキでも長方形のケーキでも数字上は同じなのです!!

今回のプランはこの赤で囲った方です。

切る回数も3回と減ります。

まぁ、人が切るわけですから

誤差はでます

そして上の飾りを平等にわけるのは難しい(笑)

そこはじゃんけんなり

思いやりで譲りあうなりです(笑)

計算ではあうのに誤差がある

それもまた楽しさかなぁ〜と思いました。