▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

保険をしっかり勉強しました!!

20代前半ごろに

自分で入っていた保険を見直す機会がありました。

寺子屋ユウコチャングムを開き

万が一、寺子屋内で生徒が怪我した場合

私自身が生徒に過失とはいえ

怪我をさせてしまった場合など

そんなことがあったら大変だ!!!!

と心配になり、塾総合保険の相談にいったのです。

塾総合保険の補償は保険に入ることができ

もしものことがあっても備えることができました。

その時に自分の保険も見直すきっかけとなりました。

私が入っていた保険は

60歳までで掛け捨てで払い続け

保障も同じく60歳で終わるものだけに入っておりました。

つまり60歳以上は保障はありません。

60歳以上も保障必要ならば

再度保険に入り直す必要が出てきます。

60歳から入ることができる保険は限られること

60歳から入ると保険料は高くなること

など保険のしくみを教えていただきました。

さらに保険の種類も

生命保険・死亡保険・生活費の保険・年金の保険など

たくさんあって、私が入っていた保険は

少ない範囲しかカバーしておりませんでした。

それをしっかり説明を受けて、

いろいろな保険を組み合わせて提案していただきました。

今度は家族が保険を考えることになりました。

最近は、全く保険に入らない方もいるようです。

「若い間は必要ない」と思ってしまう気持ちで私もいましたが

保険に入っていたおかげで

頭のイボをとる手術

隣に停まっているバイクのマフラーに足が当たって火傷した時の治療

などなど

保険のお世話になりました。

保険の種類のことも丁寧教えていただき

とても勉強になりました。

この度も家族の保険の見直しに同席して

こんな保険も登場したのか

こんな条件もあるのか

などなど新たに勉強になりました。

ブログに書くにあたり

「ほしょう」も漢字も調べました

保険分野では「補償」「保障」「保証」の漢字を以下のように使い分けます。

  • 保証・・・年金保険
  • 補償・・・損害保険、ただし、自賠責だけは「保障」
  • 保障・・・生命保険

とのことでした。

なかなか勉強になった1日でした。