▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

第1回YEN HIROSHIMA 3位獲得&どんな時でも分数大好き

今日はイノベーションハブ Camps HIROSHIMAにて

第1回ひろしま金融アイデアソン

YEN HIROSHIMA 2017 本選です!!

来てみてびっくり!!

装飾からしてすっごい大会に来たぞ

第1回だから油断しておりました。

とにかく行ってきます!!暴走してきます!!

このイベントはひろぎんのサービスを使って新しいアイデアを生み出すものです。

アイデアソンってアイデアとマラソンをかけた造語だったことも

ここで初めて知りました。

アイデアソンというものが一体何かも知らないまま参加したわけです。

優子社長は孫育て検定の山崎勇三と組んで

予選の書類審査の書類を書き、見事本選へ。

目的は1つ、

分数大好きのPRをぶっこむのです!!

勇三さんの目的も孫育て検定のPRをぶっこむ!!

あわよくば、賞金をゲットしたい。

勇三さんと6月からシニア向けの講座をスタートすることもあり

その活動資金になればいいな

という理由で参加。

10〜19時までの長丁場ですが、

優子社長以外は講演やセミナーで講師をするため最後のプレゼンは

優子社長だけになることは決まっておりました。

一人でプレゼン!!やるっきゃない!

ひろぎんの方が各チーム1名入って、どんなサービスと連携できるか

一緒に考えてくださいます。

なんとか3名とひろぎん1名様で頑張ります。

このイベントは大塚製薬様が協賛してくださって、SOYジョイをいただきました。

司会のバブチンが、SOYジョイで乾杯してその写真を大塚製薬さんへ送りたい

「そしたら第2回も協賛してもらえるかもしれないから!」

↑こういう腹黒いの大好きです!!

チーム自己紹介があったのですが、どのチームも腹黒さがあって面白いです

『金融機関へ就職を考えている大学生が就職の内定もゲットしたい!!』

と言っておりました。

↑ナイス腹黒さ。

これぐらいの工夫がないと金融機関の就職をゲットできないですよね。

こういう大学生ならすぐ採用ですね

10時に挨拶して10時30分ぐらいから

各チーム16時からのプレゼンに向けて

もう話し合って、プレゼン準備。

専門知識不要って書いてあったのに実現性も評価されるし

「専門知識いるじゃないの(笑)!!!!!」

暴走する優子社長に

「それは銀行としてメリットはないですね」

「銀行のお金になるのは金融商品」

など冷静にジャッジする広銀の方

おかげで相当、堅実なプランになりました

あとはパワーポイントでスライド作成というところまで来たので

お昼ご飯へ!!

お昼を食べるのを忘れていたのです。

近くのムサシで昼食。

その時ひろぎんの人と同じものを注文して

しかも二人揃って唐揚げを最後に食べるという現象が!!

「もしかして好きなものが最後だから唐揚げ残しましたか?」

と尋ねると

「そうなんです!!」

とひろぎんの方

さっきまで優子社長とは逆で冷静で暴走しない人かと思っていたのに

これはもしかして同じ人種?一気に運命を感じました

最後に好きなものを食べるということが

一緒だっただけなのに、この方も暴走する人なのかも?!?!?!

と思ったのでした。

食事から帰るときに

「ジェラート食べたい」「デザート食べたい」

と優子社長は言ったのです

でもちゃんとわかっていました

「ジェラート近いけれど、ここで食べに行ったら

最後にスライドが間に合わなくなって、

食べに行くんじゃなかった!!!ってなりますよね」

ということで、コンビニのアイスを食べました。

(食べるのはやめない)

飲食禁止なので外で食べておりました。

ガラス張りなので目の前のチームの様子が見えます

ガラス越しから偵察

偵察っていっても分かったところで、どうすることもできませんが

小道具を作ってどんどん進んでいました。

すごい!!!

この余裕ブッこいたアイスクリームを食べる3人組

憧れの優勝パネルを持って記念撮影!!

モチベーションをアップしていよいよ資料作りです

常にリコーダーを持っている優子社長

リコーダーでBGMをという話も出ました

予想通りですが、最後は時間がなく大変でした。

アイスクリームを食べている時間がやはり首をしめました(笑)

なんとか間に合いましたが1回も通しの練習ができませんでした。

優子社長はプレゼンに慣れていると思われるかもしれませんが

極度の緊張しいです。

練習に練習を重ねて臨むタイプなのです。

1回も練習をしていないことに緊張はピーク

5分に収まるかもわからないこの状況は初めてです。

最初のコントが重要。

ブルゾンちえみさんのネタをすることにしたものの

優子社長、ブルゾンちえみさんのネタ知らない(笑)

1回だけ見た35億だけ(笑)

1回だけ見たそれをコントに入れるあたり

もう脳を使いすぎてとろけていたのかもしれません。

プレゼンスタート

人数が足りないので

司会のハブチンに飛び入り参加してもらう

ひろぎんさんのアドリブも冴え渡り

ブルゾン優子も降臨

ハブチンの出演料は賞金をゲットして

まずは1年間ひろぎんさんに預けた金利で払うのです

計算してもらったら100円ぐらいらしいです(笑)

出演させておいてコントが終わったら

すぐステージから出て行ってもらい、真面目に説明

スライドを変える人がいないので

合図を送ってスタッフの人に変えてもらいました。

この中にも

「分数大好きのPRを入れました」

「孫育て検定のPRを入れました」

自分で言うのも難ですが、ちゃっかりやるべきことはしました

「なんで着物なの?」と聞かれて

優子社長実は、この後に予定があって

それがミシュラン3つ星のお店へ行くんだったのです!!

それを言ったら「どっちが大事なの、減点ね(笑)」

と言われました(笑)

審査員の方も面白いのです

他のチームもとても面白い!!

大爆笑のプレゼンでした

金融機関への就職を目指していた大学生さんたちは

ここで志望動機を発表することになる

内定を出そうと思ったけれど劇のセリフが棒読みで見送った(笑)

と審査員の方がまたまた大爆笑コメント

アイデアとユーモアが溢れていて、熱気もすごかったです

優子社長のチームはまさかの3位

新しいサービスを作るのではなく、

あるスペースを活用するところを評価していただきました

それは嬉しいのですが

ただ単に、あったらいいなをプレゼンにしました

そして、勇三さんの孫育て検定のPRと

分数大好きをPR(笑)

一番は見ている人が楽しみながら

自分たちのサービスに興味を持ってくれるプレゼン

それがこのような結果になって、とても嬉しいです。

小木さんという審査員のオーギエンス賞という

また素晴らしいネーミングの賞もありました

他にも日経BP賞

BMI賞

準優勝

優勝

日経ニュースに内容が書いてあるそうです↓↓↓↓↓↓↓

優子社長はテレビにどアップで映っていたようです

ミシュラン3つ星は広島県には1つしかないので

「なかしま」にいくんだね

とばれておりました。

懇親会には参加できなかったのですが

この空間にみんなでいて、もう楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。

1回も通しをしていないのにちゃんと5分に収まったことも

自信になりました。

本当にありがとうございます