▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

分数大好き優子社長はやっぱり暴走?!東京ギフトショー裏話 後編

2月7・8・9日の3日間

東京ギフトショーで分数大好きを展示させていただきました。

その時の裏話後編です

(前編→http://www.bunsu-daisuki.jp/urabanaphizennpenn/)

袴を忘れてもめげずに

袴ではなく着物として着る作戦で残りこえました。

袴姿ではなく、着物でよかったと思うことが2つ起きたのです。

1つ目はどこかのブースの方で

袴姿の方がいたのです!!

袴姿にしていたら被っていたかもしれません。

着物姿でよかったです。

2つ目は分数大好きが賞をいただき

授賞式があったからです。

授賞式で袴姿もおかしくありませんが

着物姿の方がより華やかです。

実際に海外の方から「一緒に写真を撮ってもらえますか?」

と声をかけていただきました。

本当にうれしかったです。

新製品コンテストで審査員特別賞をいただきました。

どのような審査かというと

発売前や発売して間もない商品が対象です。

小数大好きと分数大好き初級をエントリーしました。

前日にひな壇になっている展示スペースの好きなところを選んで展示します。

入場者の投票と審査員の票によって賞がきまりました。

入場者にたくさんの知り合いはいないから

投票は大変弱いです。

さらに入場者は作品に手を触れてはいけないので

説明書を手に取ったりカードを手に取ったりはできません。

だから説明書を覗き込んで読みやすい場所

低い段に並べました。

審査員の方が展示の商品だけではなく

ブースを回って、その商品を確認していらっしゃいました。

その時により詳しく説明をさせていただきました。

審査員の方が大変気に入ってくださり

審査員特別賞を獲得することができました。

いつものコンテストと違い、プレゼンがあったわkではなく

商品を展示するだけでした

紹介文も公正になるように文字数が決められています。

最近はプレゼンをするようなコンテストは全部敗退で

もう落ちぶれたのかもしれない・・・・・

と思う時期も正直ありました。

それでも挑戦は無料だしとやってきました。

また、プレゼンをするから目標が達成するわけではありません。

賞がなくてもプレゼンする機会がなくても

「分数大好きを通じて世界平和を創る」

その目標を叶える方法はあるはずです。

そうやって、日々のことをしました。

今回、東京ギフトショーという全国の素晴らしい商品が集まるコンテストで

賞を獲得できたことは本当に嬉しいです。

賞をとったおかげで懇親会費を免除され

招待していただきました。

何名かの会費も無料にしていただき

東京の分数大好き応援団の方を招待できたのがうれしかったです。

写真を撮ってくださったのは応援団の方です。

ありがとうございます。

ギフトショーの間中、着物を着ていたので

休憩をしにいくのもトイレに行くときも

「分数大好きだって」

と声に出してもらえたことも大変うれしかったです。

袴姿を忘れた時は

なんてこったい

大バカものだぁ・・・

大事なギフトショーなのに・・・・

と思いましたが

全部繋がって感謝しております。

広島でまた日々邁進します!!