▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

カードゲーム「分数大好き」は幅広い年齢と幅広い地域に愛されております(東京の分数大好き応援団の皆様に感謝)

ウーマンズビジネスグンラプリ2017のファイナルは公開審査です。

応援席と言うのを事務局が用意してくださっていますが

当然、広島から行く優子社長は

10席が埋まるかどうかわかりません。

東京に住む知人なんて数名ですから寂しくなりそうです。

応援席が埋まっていないからって負けるわけではないですが

オーディエンス賞は観客が決めるわけですし

なんとなくやはり差を感じてしまいます。

応援席を埋めたいと思うならば、行動しかありません。

いろいろ考えて

かわさき起業家オーディションで名刺交換をした皆さまに

応援に来ていただけないかとお願いしました。

すると予定がある方以外は快諾してくださって

席を埋めるために知人も誘ってくださいました。

おかげで応援席は埋まりました。

観客席には、1月に新老人会で講座をさせていただいたので

その方々が応援に来てくださいました。

前日には美味しい穴子飯やさんに連れて行ってくださいました。

前夜祭よ!!といって

本当に楽しいひと時でした。

いつもなら前日に一人で過ごして緊張しながら迎えるコンテストですが

一緒に過ごせて、リラックスできました。

当然、穴子も美味しいです。

素敵な方々と、そしてたくさんのお話をしてもらって

勉強になりました。

隣の席の方が私たちのことを

何をする人か聞いてくださった時

「分数大好きというカードゲームがあって」

と皆さんが説明してくれました。

もう皆さんがPR大使になってくださいました。

前日に続きコンテストを見にてくださって

司会の方に、

「本日応援に来てくださっていますか?」と聞かれた時に

笑顔で手を振ってくださいました。

そして、何と

「分数大好き!!!」とコールしてくださったんです。

プレゼンをするための演題に向かう時に実は泣きそうでした。

ムサコ塾出身のファイナリストさんが出るたびに

ムサコ塾の方々が「ムサコ!!」と大勢でコールするので

その方々を見て、エールって本当に心強いだろうな

羨ましいな〜と思っていました。

やはりエールってそれだけで力になりますよね。

スポーツの応援でエールを送ることはたくさんあっても

自分にエールを送ってもらえる日が来るだなんて!!

しかも東京で。

終わってからも励ましてくださって

交流会でも、審査員の方が話しかけてくれた時に

私以上に応援団の人が熱弁してくれました。

「発表の時にはグランプリを獲るんだと私たちがドキドキしたわ」

「ドキドキをありがとう」

「分数大好きのおかげで私たちも夢を見させてもらっているわ」

と言ってくださって

もう幸せいっぱいでした。

品川コンテストに出たおかげで、

改めてこんなにも応援してくださっている方がいることを

実感できました。

他のコンテストでの受賞者仲間も駆けつけてくれて

「優子ちゃんが一番男らしいプランよ」

と褒めてくれました(笑)

その言葉聞いた時に吹き出しました(笑)

「ごめんね、うまく言葉が見つからないんだけど

意味わかるでしょう?」

「わかります(笑)」

それぐらい分かり合える仲間です。

審査員の方もfacebookでメッセージをくださって

「堂々と広島に帰ったらいいんですよ」と

励ましてくださいました。

その審査員の方は、着物姿で感激でした。

こんなにも素敵な仲間が東京にいる!!

と思ったら自分が誇らしいです。

素晴らしい方々のおかげで、

その方々が私に自信をくれます。

たくさんの素晴らしい方々に会え

分数大好きを愛してくれる方がたくさんできました。

ファイナリストの方からも

「私、アマゾンで買ってますから」

と言ってもらえて

交流会やアンケートでも

「私、買ったんです」と

声をかけてもらったり、書いてあったり

本当に感謝しております。

私が応援してもらったように

私も誰かを全力で応援できる人になります