▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

ドラマ「隣の家族は青く見える」にカードゲームが登場!分数大好きもドラマに出たい

深田恭子さんと松山ケンイチさんが出演されている

「隣の家族は青く見える」

それぞれの家族の抱える問題が描かれています。

不妊治療のことも詳細に描かれて

初めて知ることばかりで

勉強になりました。

二人以外の家族で

急にこどもを引き取って育てることになるお父さんがでてきます。

別れた奥様が急死したことにより

こどもと生活することを選びます。

そのときに何とか子どもとコミュニケーションをとる方法はないかと

出てきたのがこのカードゲームです。

「ナンジャモンジャ」

カードに描かれているキャラクターに名前をみんなでつけていきます。

再度そのカードがでてきたら

みんなでつけた名前を叫びます。

一番言えた人が勝ちで

その場にあるカードを全部とれます。

終わった時にカードを多く取った人が勝ちなのです。

暗記力がためされます

「さっきまで覚えていたのに!!」

「なんだっけ?」

「その名前だけ狙ってた」

など盛り上がります。

名前が出てこなくて、悔しかったりもします。

最近はボードゲームが流行っているので

ドラマにもカードゲームやボードゲームなどのアナログゲームが登場します。

カードゲーム「分数大好き」も

トランプのように世界中の家庭で1家に1セットあるようになって

たくさんコミュニケーションをとってもらいたいです。

さらにはドラマにも使われるぐらい

カードゲームの定番になれるよう邁進します!!