▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

TOEICの試験を受けました!この2名の世界を見てみたい

自分の英語スキルアップを図るため

基準となる物差しが必要なのでTOEICに挑戦しております。

猛勉強をして受けている状態ではないのですが

TOEIC高得点組の方々が周りにいるので

一緒に受けて

なんだか刺激をもらっています。

その環境になんだかやった気になっているようなところがあるのも認めます。

ただ、今はそんな環境の中でやった気になったような気分を味わうのも

目標へ向かっての作戦として決行中です。

終わった後に打ち上げと反省会をしました。

そのお店へ行く時にみんなで神社へ参拝しました。

優子社長が1日1参拝するのを日課としているからです。

(できるだけの日課で、無理にはいかないようにしています)

今回の打ち上げの場所は

先日優子先生リコーダー演奏をさせていただいたAvanti 様です。

絶品のピザには広島名物レモスコがまたよく合いました

広島のPRをここで入れてみました(笑)

先日のリコーダー演奏のお礼もできて良かったです。

おわったTOEICの問題をみんなで話しました。

新形式になったTOEICの問題は前回より難しくなっているらしいです

例えば

リスニングで会話を聞いて最後の質問に合う答えを選ぶ問題があります。

その問題では

「Where」と聞いて答える

「Who」と聞いて答える

だけではなくなっていると二人が言っていました。

優子社長はリスニングはあまり聞こえてなくて

この回答だけではおかしいな

というものを排除して正解に導いている感覚です。

二人はちゃんと聞こえていて

「『電車とバスどっちで行くの?』と英語で聞かれたから

電車で行く か バスで行くっていう会話が答えなんだろうと

待っていたら

『あの子が車持っているよ』という英文が流れたから

びっくりした」

なんてことを言っていました。

ちょっとひねってある問題が増えたようです。

この問題の会話が出てきたかどうかさえ聞き取れていない優子社長なのですが

こうやって二人が会話しているのを聞いたら

そして2時間も続く全て英語で書かれたテストを

二人はすらすら解いているんだと思ったら

この世界を見たくなってきました。

優先順位は考えますが、でも勉強しようと思います。

何より嬉しかったのは高得点組二人から

「今日は、別会場だけど仲間が一緒に受けているんだなと思ったりしたよ」

「わかります。なんだか嬉しいですよね」

と仲間みたいにいってもらったことが嬉しかったです。

優子社長のスコアと言ったら二人がとっている点数の半分以下なので

ものすごい二人から仲間としていってもらえたことは本当に嬉しかったのです。

ありがとうございます。