▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

楽学(たのがく)フェスタ 2017を開催しました。

5月5日は楽しく学ぶ

たのがくフェスタでした。

去年は分数大好きを発売して間もなかったので

一人で分数大好き遊び体験会をしました。

今年は、楽しみながら学ぶことを目標にしている2人の仲間と開催できました。

公認会計士の黒田さんはキャッシュフローゲームという

お金の流れがわかるゲームをしてくれました。

偽のお金とはいえ、お金が増えたり払ったり

それをやり取りするのが子供は楽しいんですよ。

お釣りの計算は暗算でチャレンジ

あっているかを電卓で検算。

間違う中学生と高校生(笑)

間違えたのはそろばんを習っていたという

寺子屋ユウコチャングムの生徒2人なんです。

物件買ったほうがいいんじゃない?

土地を持っていたほうがいいよ

と営業をかけてくる黒田先生に翻弄されながらも

中学生さんが勝ちました

将棋のことなら将棋マンです

コマに進む方向が書いてあって

誰でも簡単にできるどうぶつ将棋を教えてくれました。

どうぶつ将棋は持っている人が多い!!

優子社長も挑戦しました。

「これがこう動くから、これを動かしたらダメか」

「待って、こうなってこうなってこうなるから」

「あっ、その手があるのか?!?!」

1つ動かすのに、「あぁでもない。こうでもない」と考え

いろんなパターンを考える将棋はいいですね。

将棋マンを他の子供達がかぶったり

大人も被りたいと言って、中身が入れ替わったりしていて

面白かったです。

分数大好きも、みんなで遊びました。

以前に、他のイベントで来てくれた方が今は初歩だけで遊んでいるので

応用のカードをマスターするために来てくれました。

分数大好きのルールを教えらえるという認定を受けた

キッズコンシェルジュさんも仕事をしに来てくれました。

早速、大活躍

しっかりとルールを説明してくれました。

優子先生のドラゴンフライズ仲間も駆けつけてくれました。

去年、発売してすぐに買ってくれました。

しっかりやるのは今日が初めてだそうです。

なんと男性が暗記時間なしで

暗記カードの最小公倍数の組み合わせを覚えたのです。

分数大好き史上最速の暗記でした。

来てくれてありがとうございます。

去年のこの日に遊びきにてくれてすごくお話をした女性がいました

それがなんと現在、発達障害児専門の塾を開かれている

渡辺千恵さんです

Hiroshima Creative Cafe で何度も何度もあっていたのに

同一人物だと最近気がつきました。

確かに塾をやりたいと言っていっぱいお話をした方がいたなと思っていました。

千恵さんから、

「あの5月5日にいっぱい話をして参考になった」

と言ってもらうまで気がつきませんでした。

千恵さんは去年も手伝ってくれた寺子屋ユウコチャングムの生徒と

その時手伝ってくれた私の友達の子どもさんたちを

いっぱい褒めてくれたのです。

千恵さんはあの頃からキラキラしておりましたが、

今はやりたかったことをやって、ますますキラキラしていて別人のように見えました。

発達障害の子どもたちとその保護者の方に寄り添う

という千恵さんにしかできなことをされています。

今回もたくさんの出来事ありました。

初めて色紙にサインを頼まれたのです。

優子社長、一生懸命です。箱に書いたことはありましたが

色紙って初めてです。

2人の生徒たちが手伝いに来てくれて

1人は優子先生の家に集合

1人はバス停待ち合わせなのですが

二人とも本の少しずつ遅刻

優子先生はもう行くしかないと家を出たら生徒と曲がり角で遭遇。

バス停待ち合わせの生徒は、もう乗るバスが来てしまった!!

と思ったらその2台前の車がその生徒の車で

降りてきてすぐバスへ

みんな間に合いました。

奇跡の連続でした。

今年も手伝ってくれて本当にありがとう。

仲間と生徒たち、キッズコンシェルジュさんのおかげで、

進化したイベントになりました。

来年は早くも新しいゲームも登場の予感なので、

また計画したいです!!

ありがとうございました。