▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

縮景園の自然の中で 分数大好きは外国人とのコミュニケーションツールに

今日は、姉の友達マリアさんがロシアから広島へ来てくれました。

「おもてなし」に優子社長も加わりました。

英語がペラペラなわけではないので、

話したいことがあってもなかなか伝わらず

時々沈黙もありました。

しかし、それを救ったのはカードゲーム『分数大好き』でした。

数字は世界共通なので、カタコトの英語で説明して実際にやってみたら

すぐにできるようになって

みんなで楽しくやりました

写真は別の場所ですが、縮景園でのプレイ動画があります。

14520397_316648812030593_4428382812841009341_n

ロシアからきたマリアさんにお土産に1つプレゼントしました。

ロシアでブームを起こしてくれそうです。

マリアさんはロシアの銀行に勤めているそうで、

さすが銀行員!!数字に強くすぐに理解してプレイしていました。

シェアハウスの時といい、

今回のマリアさんと分数大好きといい、

分数大好きの世界大会を開催する夢は叶いそうです。

マリアさんにもちゃんと「分数大好き」といってもらいました。

分数は英語でfractions

英語で言うと「I love fractions」です。

でも、日本語の「大好き」を世界へ広める意味もあるので

「分数大すき」と言ってもらいました。

「大好き」という日本語も一緒に世界へ。

という思いを持ちつつも、プレイしていたら言葉の壁はなく

「悔しがったり」

「喜んだり」

「プレゼント(相手に4枚カードをプレゼントする)をもらって、相手を恨んだり」

プレゼントを仕返しして「このゲームめっちゃ楽しい」といったり(笑)

盛り上がりました。

こうやってみんなで相手の顔を見ながら楽しめるのがカードゲームの良さですね。

外国の方、初対面の人とのコミュニケーションツールにもなりますので

ぜひ、みんなで「分数大好き」で遊んでください。

すぐに仲良くなれます!!