▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

楽しみながら分数学習の「分数大好き」!!その原点となるのは小学5年生の時の音楽授業

株式会社分数大好きの経営理念は

楽しみながら勉強を!!

です。

★勉強だと思わないで楽しくやるとすごく身につく!

★嫌なことも「嫌だなぁ」と思わず

楽しみながらやると、だんだん楽しくなってきて身につく!!

と思いから

「分数大好き」がカードゲームとして誕生することになりました。

実は優子社長も楽しみながら身についたことがあります。

それはリコーダーです。

特技リコーダーと書くほど、リコーダーはなかなかの腕前だと自信があります。

あまり、自分に自信が持てない優子社長ですが

リコーダーは褒められることが多く自信があります。

結婚式の余興を頼まれた時もリコーダーを吹きました。

久々ですが吹いてみた動画はこちらです

ここまでリコーダーが好きになったのは

小学5年生まで遡ります。

音楽の先生が月に1回

「みんなの好きな曲」を聞いてくれます。

それぞれが投票して、数が多かった曲を先生がリコーダーで吹ける楽譜にしてくれて

それを音楽の時間に練習して吹くんです。

教科書のリコーダーの曲の練習よりも

自分たちが好きな曲を練習する時間が大好きでした。

好きな曲を吹けるようになりたくて必死でした。

音楽の教科書とちがって、

普段のリコーダーでは習わないシャープやフラットがよく出てきました。

でも、不思議とそれを先生に教えてもらったら

みんな覚えていました。

普段のリコーダーは苦手なのに、

「自分の好きな曲だからだ!!」

とクラスの男の子が必死に休憩に練習していたのも覚えています。

どんどん吹けるようになると嬉しくて

最初は苦労していた自分たちの好きな曲も

毎月曲が変わっても、だんだんちょっと練習したら吹けるようになりました。

みんな、リコーダーの勉強だと思っていませんでした。

それが分数大好きの原点かもしれません。

私もあの時の音楽の先生のように

寺子屋ユウコチャングム

の生徒たちの好きな曲を耳コピして楽譜を作って一緒に練習しました。

AKBが流行っていたので

その曲が多いですね。

友達と2部演奏ができるように工夫もしました。

リズムが早くても苦戦することもありましたが

好きな曲なのでやはり必死になって練習して

少しずつ吹けるようになっていく生徒の笑顔を見ていると

私もこうだったのかな

と感じました。

カードゲーム「分数大好き」も楽しみながら、

慣れ親しんで、笑顔がいっぱいになるといいなと思っています。

実際に遊んでみたい方は

2月21日(火)

シェアカフェマール(本店:西区)

10:30〜12:00

「分数大好きのヒミツ」

料金 1200円(会員:1000円)

にお越しくださいませ。

遊ぶだけではなく、考案者の優子社長が

自ら「分数大好きのヒミツ」を伝えます。

楽しみながら一緒に勉強しましょう!!

お申し込みはこちらです