▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

東京&神奈川 暴走記④ シニアが熱中!!シニアが本気になる脳トレゲーム『分数大好き』

現在の分数事情を伝えて

ルールも伝えたらここからは

「百聞は一見にしかず!!!!」

ということでいよいよ実践です!!

各テーブルに5人ぐらいで分数大好きです。

「ではカードをくってくださいね」

と伝えたら、動きがない。。。。

というか鈍い。。。。

失礼ながらこれがシニアの人の動きでゆっくりなのね、、、、と思っておりました。

そしたら松延さんが

「カードを『くる』ってカードを『切る』ってことですから」と解説。

「ええええええええええ!!!!!!

『くる』って広島弁ですか?」

「そうだよ」

「あんなに広島弁でないようにしていたのに。

敬語で話すから広島弁がでることはないと思っていたのに、、、、、、」

確かにシニアの人がテキパキ動き始めた。

鈍いんじゃなくて、私の言葉が通じていなかったのですね。

大変失礼しました。そして申し訳ございませんでした。

その後、シニアの方々は実際にみんなで遊び始めました。

「先生、ここは出せますか?」

「プレゼントもらったら、もらった人は出せないですか?」

など、さすが学びへの意欲が高いシニアの皆様はだんだん本気です。

「『分数大好き』言い忘れたら2枚とるんですよね」

「はい。でもまだ皆様初めてですから、おまけしても、、、、、、」と言い終わる前に

「はい2枚!!!!」

シニアの方、本気だ。

「約分間違いも2枚ですよね?」

「はい。まあ最初は見にくいですし、、、、、」と言い終わる前に

「はい、2枚!!!!!」

シニアの方、厳しいぞ。妥協はなし。さすがです

「またプレゼント(隣に4枚カードを山からとらせる=上がりにくくさせる)をあげちゃった

ごめんなさいね」

と言いながら笑顔(笑)

シニアの人は正直、優子社長がやってきたどこのイベント会場よりも白熱していました。

そして一番こどもっぽいです

良い意味ですよ

一番簡単な遊び方で遊んだ後に、レベルアップの遊び方を案内する時

「ではここらで中断していただき、続きを説明しますね」と言っても

聞いていない(笑)

完全に熱中。

これ、小学校でよくあるクラスの光景。

シニアの皆様は小学生と同じで若いです(笑)

「はいはいみなさ〜ん。聞いてください」と松延会長が大声で呼びかけ、

やっと中断し、再び講座に集中。

みんな、勉強になるわ〜と盛り上がりました。

みんなが真剣で、たくさん質問を受けるので

学ぶ意欲に溢れたシニアの方々にパワーをいただきました。

入江さん、ランチや神社そして最後までありがとうございます。

次、東京に行くきっかけになった

「夢実現プロジェクトの集まりです!!」

東京&神奈川 暴走記 1〜3
http://www.bunsu-daisuki.jp/tokyokanagawa1/

http://www.bunsu-daisuki.jp/tokyokanagawa2/

http://www.bunsu-daisuki.jp/siniabunsu/