▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

世界遺産の宮島に泊まって分数大好き in 鹿庭荘(後編)

前編はこちらです

http://www.bunsu-daisuki.jp/kaniwasoudebunsudaisuki416/

ゲストハウスへ鹿庭荘に泊まって

友人知人とさらにはそこに宿泊している方と

分数大好きを一緒にやろう!!という今回のプラン

いよいよその分数大好きの時間です。

鹿庭荘の主人である松田さんの奥様も参加です。

最初に仲間に入ってくださったユキちゃん

お腹いっぱいと言いながらも余っているキムチ鍋を食べてくれました。

奥様が誘ってくれた「フッキーさん」も参加

遊んでいたら、お餅を持って現れた女性。お餅を持っていたから

ニックネーム「もっちー」

最初は初歩のルールから覚えていって

慣れたところで最小公倍数カードも入れてやりました。

だんだん増えていくので途中から参加の人はいきなり難しいようなルールですが

隣の人が教えてくれるので全く問題ありませんでした。

問題があったとしたら

プレゼントカード(次の人に4枚取らせるカード)ですね

「また私に4枚?」

常にノゾミールが松田奥様にプレゼントを食らわせるのです

さらにはプレゼントが2枚連続だと8枚!!

「え!!!!上がるんだったのに!!!」

という人も

「先輩ごめんなさい!!」と言いながら

食らわせる人も

「明日崖に一緒に行ったりしない?大丈夫?」

「先輩にそんなことして落とされるよ」

とプレゼントをめぐって大爆笑トーク

ストップ(次の人を1回休み)

タイフーン(逆回し)

もこれだけの人数がいると辛いです。

1回休みになったら当分回ってこない

「席替えしよう!!」

「この席やだ」

なんていう人も(笑)

写真から分かるように1人だけカードしか見ていない人が。。。。

畑さんです。

プレゼントを2枚もらったため8枚も山から取ったため

真剣に考え中なのです。

あっという間に気づいたら23時の消灯です

ゲストハウスは23時までなのです。

鍋を片付けずに、先にゲームをしていたら

主人の松田さんがやってくださっていました。

鹿庭荘の主人を動かしてゴメンなさい。

優子社長、1位はなかったです。

その分ドベもなかったですが

今回初めてやった人の方が強かった

「フッキー」は最後、最小公倍数カードを使って通分セットを作って上がりました。

最初から使いこなして、すごかったです

途中参加のモッチーもルールを理解して、すぐに使いこなしていました

ゲームは負けると悔しいからみんな本気になって

本当に面白かったです。

初対面とは思えない楽しい盛り上がりでした。

ゲームって人と人とを繋ぐからいいですね。

その役割を自分が作った「分数大好き」で出来たことは幸せです

協力してくださった鹿庭荘の松田夫妻。

参加してくださった皆様、ありがとうございます