▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

第13回セミナーコンテスト 広島地区大会 2位

14265055_303077230054418_1553959167371416324_n

本日が第13回セミナーコンテストの本番でした。

結果は2位!!

感謝しております。

14322668_303077150054426_3851441033540782881_n

1位は糖質オフ協会の高森洋子さん

何から話したらいいのかわからないのですが

2位は嬉しいです。

1位じゃなかったことが悔しいかと言われたら

「コンテストに出るなら誰だって1位がほしいものだから」

という想いはあります。

いつも、どんなときでも全力でやります。

1位が獲れるように、

合格のものなら合格をするように

コンペなら上の賞に選ばれるように

と努力しかできるものがないから、励んできました。

2位と聞けば負けたというような感じになるのかもしれません。

でも、セミナーコンテストではちょっと違う感覚があります。

2位になれるぐらいみなさんにちゃんと伝わったんだな

と思うと嬉しいです。

観客の方はセミナーをきいて

ものすごく細かい評価項目があるシートに書いてくれます。

さらにコメントまで

14322700_303096540052487_5101526302450160817_n

これをもらったら本当に、10分の重みを感じました。

10分なんて、日常生活ならあっという間なのに

世界で一番長い10分を感じた1日でした。

10分にこんなにも想いを込めたり伝えられるんだという気づきもありました。

この評価シートを見ていたら

「2位を頂いても、まだまだ足りない部分はたくさん」と感じることもあり

結果は2位でも

「私はあなたを1位に選びましたよ」と賞賛されたりもありました。

2位というのは

1位になるには足りないことがあったという事実はあります。

でも、その順位以上のものを感じています。

「セミナーを受けて感動しました」と

「あなたの熱意が伝わってきました」というお言葉をいただき

私が誰かに感動を与えられるだなんて、感動しました。

きっと優勝者の人も、入賞をした人も、入賞できなかった人でも

「あなたのセミナーが一番良かった」

そんな人がいます。

私にもいてくれました。

それぞれの挑戦者のセミナーは

必ず聞いてくれた誰かの1位になっている。

だから、1位を獲れなかった何かが足りないセミナーという悔しさよりは

自分の発表したセミナーが聞いてくれた誰かの1位になっていることに

ただただ喜びがあります。

終わってから、自分が伝えたかったメッセージって

もっともっとあったなと感じました。

敗者復活戦というのがあると聞いてはいますが

そこに立ってもう一度、そのメッセージをいれて

またセミナーを改善をして伝えるのかはわかりません。

優子社長が「分数が大好きになる3つノウハウ」

というセミナーで伝えたかったのは

テストの点や、受験のためにだけする勉強が

勉強の全てではないこと

ゲームで遊びながらだって勉強

大人になってこうやってセミナーに挑戦するのも勉強

できなかったことができること

知らなかったことがわかる事

ってとっても楽しい

勉強を楽しいと感じてほしい。

その一つのツールが「分数大好き」です。

これからも、いろいろなツールで優子社長は、こどもたちに楽しさを伝えたい

私は分数大好きの社長ですが、先生でもあります。

子どもたちの生活は全てが学び。

分数大好きが子どもたちのたくさんの可能性を広げる1つになれたら

そんな想いがつまっています。

今回は真面目なブログですが、これからセミコン暴走記スタートです(笑)