▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

小数大好きのルール(抜粋)!子どもの時の思わぬ経験から小数大好きのルールができました!

小数大好きの

一番の特徴はカードに描かれいてる「星」

その星をおはじきのようにして

足し算や引き算ができること

その星をみれば

同じ量かどうかをすぐ判断できるのです。

実はこのアイデアは思い出から生まれました。

小数大好きをどうやったら

習っていないこどもでも遊べるだろうかと

あれこれ考えているときに昔のできごとが思い出されました。

それは地元の公民館祭り。

小学5・6年生だったか

もっと上だったか

仲良しの友達といきました。

もう一人、遅れてくることになっていたので

待っている間に算数のワークショップにいったのです。

そこにはおじいさんが座っていて

足し算について教えてくれました。

そこには磁石が埋め込まれた

算数の授業でよく使う、四角いブロックがありました。

普通ならば

ケースに横に並べておいていきます。

そのおじさんは違いました

5+2=というのを説明するときに

ケースの1マスを使ってブロックを縦に5個

少し離れたところのケースの1マスにブロックを縦に2個

おきました

縦?!?!?!?!?!?!

そして

空のケースを上に載せたのです。

当然、2のほうは低いので

ケースは傾きます。

おじいさんはこういいました

「ケースを線だとするだろう。

そうすると下のケースと上のケースで2本の線がある

これが『=』だ。

今は上のケースが傾いているから『=』ではないだろう。

『=』にするためには高さを揃えないといけないよな

それはあと何個ブロックを重ねるといいだろうか?」

私たちは「3つ」と答えました。

おじいさんは2つ縦に重ねてあったブロックに

3つ足しました。

「この3つが答えだよ。高さが揃って『=』になる!

同じ高さだから『=』だよ」

同じ高さだから『=』

この出来事を思い出した時

これだ!!!!と思ったのです

同じ高さかどうかをみるだけならば

同じ高さになるように絵を合わせるだけならば

誰だって答えを導き出せる!!!

ここから

星が生まれました。

小数大好きを小数を勉強するためのものではなく

遊びながら足し算も引き算もわかりやすくなります。

ぜひ、小さい頃から遊んで

こどもたち全員が足し算、引き算でつまずくことなく

楽しみながらどんどん算数を学んでほしいなと思います。

小数大好きは5月19日まで

クラウドファンディングでお申し込みできます。

よろしくお願い申し上げます。