▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

分数大好きで遊ぶ時に全部オープンでやってみると違う楽しみがある!!

分数大好きは自分の手札を相手に見せないようにして遊びますが

全部オープンにしてやっても

勝てるものです。

相手の手札がわかっていても邪魔できないものなんです。

そして上がる時は上がります。

オープンにしてやることで相手の手札がわかるぶん

これを出すと相手がこうでてくるな・・・

これを出した方がじゃまできるな・・・

と見えていない時よりもかなり考えます。

今回はどんなことを出しているかを教えて欲しいとのリクエスがあり

全部オープンでやりながら

「この場合はこれとこれが出せる」

「私ならこれを選びます。なぜならこうなっているから・・・」

相手のカードを出す時も優子社長ならこう出すと伝え

優子社長がカードを出す時もこのカードはこうだから選んだ

と言って出しました。

すると何回がやるとこんなところを考えたらいいんだ

と見えてきたようです。

暗記カードの覚え方も、優子社長が今まで見てきたいろいろな覚え方を伝えました

その人にあった覚え方があると思いますので

その覚え方いいな!!

と自分がピーンとくるような参考になりそうな覚え方があるはずです。

だんだん選び方も

そして短時間で覚えて暗記カードも完璧になりました。

今回は二人でやりました

二人で分数大好きをすると早くおわりすぎるのです

ストップ・タイフーンなどは全部相手を邪魔できるのですぐに自分のターンになります

だから、上がり確率が高いのです。

2枚手札が残っているうち1枚がストップカードなら

それを出して

2枚から1枚になったので「分数大好き」と言って

ストップだから相手の動きを止めて

そして自分のターンに戻ってくる

残った1枚を出して上がり

すぐに上がりすぎるのも楽しくない

2人でやるときは

1人が2役するんです

その時にもう一人の自分の手札は同時に見てはいけないことにします

だから自分が受けもつ両方の手札を暗記しておくことが大事

暗記力も大事です。

もう一人の自分の手札を助けるために

「色変えカード」で自分が必要な色ではなく

もう一人の自分の手札が必要な色をいったりします

この方法で遊ぶのは複雑ですが、ものすごく頭を使って

面白いのです。

分数大好きで分数の学習をするというよりは

様々なことを考えたり、相手の手札を読んだり

確率を読んだり

しながら

何よりみんなで盛り上がる

それが分数大好きの醍醐味です