▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

分数大好きの約分を侮ることなかれ!間違えた時に絶対にしてはいけないこと

分数大好きは約分をして遊ぶゲームです

約分ができなくても遊べるように

図形をみれば約分ができるようになっています

約分をして

2分の1なら丸

3分の1なら三角形

4分の1なら四角形

と九角形まであります。

でも気をつけないと、約分を間違えるのです

何角形になっているか、図形を数えるだけなのに・・・・

なぜならば、

見分けがつけにくい魔の約分のカードがあるのです

それは

7分の1・8分の1・9分の1です

にてますよね・・・

油断すると一緒に見えて出してしまうんです。

ちゃんと数えるか計算するかしないと間違えるのです

今までもイベントで大人の方が

「これ同じよね・・・・」

と出して、約分を間違えたことは数知れず

「うそうそ!」と恥ずかしい思いをした大人たちを

優子社長は何度も見てきました。

約分を間違えるとペナルティで2枚増えるから気をつけてくださいね(笑)

子どももよく間違えます。

早く上がりたくて

「これ一緒じゃん!やった上がり!!」

なんて言って出したら間違えてることがあります。

子どもの時はこの時に対応が大事です。

たまに

「馬鹿だな」

「ほら落ち着かないから計算ミスするんだよ」

「約分出来んのか」

「だからちゃんと勉強しないとだめなんよ」

と、ついつい子どもにいってしまうのが大人です。

分数大好きはゲームです

約分を間違えていんです

ずっとやってたら、見慣れて間違えなくなります

見慣れると5・6歳児でも

どのカードとどのカードが同じ形か一瞬で見分けています。

間違えた時は

みんなで大爆笑すること

馬鹿にする笑いではなく、

ボケて笑いを提供してくれた人への親しみをもって笑ってください

それが一番良いです

間違えた子もどんどん間違えていいんだ!!という安心感が生まれます

楽しみながらやってください

勉強よりも毎日やって分数は楽しいと思うようになること

いろんな人とコミュニケーションをはかること

それを大切にしたいのです。

「分数大好き」が作る楽しい時間が、

世界平和を創ります!!みんなで楽しみましょう!!