▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

広島工業大学様と分数大好きの今後の展開について話し合い

昨日、ニュービジネス協議会の方々とお話しした後

分数大好きのデジタル化や今後の展開について

広島工業大学様へ話し合いに行きました。

最初は松本先生と二人でスタートしましたが

現在は山岸先生も参加してくださっています。

今回は8階の山岸先生のお部屋で話し合いでした。

8階からの眺め素敵です

その後、本日から新しく中島先生にも加わっていただき

プロジェクトメンバーがどんどん増えております。

とても嬉しいことです。

分数大好きを単なるアプリ化にするということだけではなく

立体映像化

勉強やカリキュラムを作って、ゲームをしながら様々な能力を身につける

などなど

なんだか広がります。

6月に学生さんに向けてお話をさせていただきました。

現在は夏休み中ですが学生さんも一緒に動いてくださるそうです。

今回の話し合いで一番面白かったのが先生方が

「大学教授」という職業について語ったところです

大学教授というのは24時間営業!まずは寝る場所を確保

2段ベッドとかベッドになるソファがありました!

電気コンロ・電気ポッド・たこ焼き機などなど何でもありました!

僕らは大学教授じゃなかったらただのおじいさんだから

定年退職後が心配だ!まともじゃないから普通には働けんし

とても素晴らしい研究を発表している先生方が

こんなことを話しておられました。

最後のまとめは

大学教授は世間から外れた人だから

ぼくら変人だから

なんてことをいっておられました。

大学教授の先生方はとても楽しいですね

私が短大の時の先生はまともじゃない感じではなかったけれど

24時間起きているような感じでもなかったような

そして何より

この中にいることに居心地の良さを感じていた優子社長でした。

広島工業大学様は地域貢献・地域との研究

そして講義もとても工夫されていました。

これからは情報・工業の時代でしょうから大事な大学ですね。

このような素敵な先生方と学生さんに分数大好きの研究をしていただき

大変感謝しております。

だんだん仲間が増えてきて

世界平和というとてつもない目標にまた少し近づきました