▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

広島県信用組合様のセミナーで大人も脳トレ!カードゲームで盛り上がる!

本日、広島県信用組合様の創業セミナー講師をさせていただきました。

dsc_1313

優子先生はいつもセミナーを受ける側なので、初めての講師です。

セミナーの中で

『分数大好き』で実際に遊んでもらいました。

準備万端です!!

dsc_1309

まずは、ルールを説明します。

今回は遊び動画の中にステップ1とステップ2までです。

http://www.bunsu-daisuki.jp/asobikata.html

一番大切な

「分数大好き!!」と感情を込めていう

もしっかり熱弁。

そしてスタート!!

チーム名や相手の呼び名を決めてからスタートなので

まずはみんなで話し合い

dsc_1315

話し合いが終わってゲームがスタートすると

それはそれは盛り上がっていました。

優子社長は回ってルールの詳細を伝えます。

dsc_1318

見回ると、すでに12枚ぐらいカードがある人が!!!!

「プレゼント(次のプレイヤーに4枚山からカードをとらせる)カードをくらいましたね」

「はい、そうなんです」

「初対面の女性にプレゼントをくらわせるだなんて!!」

と優子先生から注意が(笑)

STOPで1回休みにされて、次はタイフーンを使って直前で向きが変わって

まだほとんどカードが出せていない人も(笑)

「分数大好き!」のセリフは優子先生が「感情がちゃんとこもっているか」を

チェックします。

「『分数大好き!』本当は嫌いだけど」と付け加える方も(笑)

「それ禁句です!NG!!」

と大人の方でもしっかり楽しんでいました。

優子先生が『分数大好き』をやってもらい理由は商品PRではないんです。

(↑少しはこの目的もありますが 笑)

だいたいセミナーを受けるときは1人で講義のように受けます。

時々ペアワークで隣の人と話すぐらいです。

せっかく志が一緒の方が同じ空間にいるので、仲間になってほしいなと思いました。

「分数大好き」はセミナー、講義、研修、ドラゴンフライズのバスケ観戦などなど

創業に関する活動だけではなく、

いろいろなことをして知り合った方々のおかげで完成したもので

今もその縁で支えてくださる方や応援してくださる方のおかげで

存続しています。

カードゲームは誰かとするもので

無言ではできないのでコミュニケーションが生まれます。

「分数大好き」の場合、相手を邪魔するカードがあるので

「ひどい!!」「くやしい」「プレゼントいらない!!」

と初対面の人にも、軽く突っ込めます。

本当にグッと距離が近づくんだなと改めて思いました。

さらには『分数大好き』が優子社長とセミナーに参加してくださった方との距離も

近づけてくれたように思います。

このあと続きの講演をするときにそれを感じました。

セミナーではいつも支えてくださっていて、

まだ何の恩返しもできていない方々への感謝の気持ちを込めて

紹介させていただきました。

子どもたちの楽しんでいる笑顔をみるのも幸せですが

大人の方の楽しんでいる笑顔を見るのもとても幸せでした。

ありがとうございました。

初めて講師になれたので記念撮影

dsc_1320

セミナー後に自分が習っている方の習字教室へ行くと

仲間の小、中学生が応援カードを作ってくれていました。

dsc_1324

そしてそこでも『分数大好き』をしました

ここでも盛り上がりました(笑)

dsc_1327