▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

世界遺産の宮島に泊まって分数大好き in 鹿庭荘(前編)

世界遺産の宮島にあるとても素敵なゲストハウス鹿庭荘

以前に宿泊してから、大好きなの場所なのでよく宿泊しています

http://www.bunsu-daisuki.jp/kaniwasou/

広島に住んではいるものの、宮島は船で行くので

ちょっとしたリゾートへ行くような気分になれます

遠出の旅行を計画しなくても宮島へ行って宿泊すればそれだけで

最高の旅行です。

鹿庭荘にはキッチンがあるので今回は作ることにしました。

すっかり顔見知りになった鹿庭荘の主人に土鍋があるかを尋ねたところ

用意してくださいました。

鍋をすることにしたのです。

起業家仲間でノマドワーカーのノゾミール(吉弘のぞみさん)と優子社長が

早くチェックインする組なので買い出し担当です。

1人1000円ずつの予算で4人にいるから4000円

ノゾミールが電卓を片手に入れたものを計算。

「野菜は鍋で取れるから、サラダはやめて唐揚げにしよう!」

「そうしよう!!」

なんて言いながら消費税が入って4084円!!惜しい

「デザートが買えなかったらもうこの際

5000円までOKにして宮島で何かデザート買おう。

それでも1人1250円だし」

「そうしようそうしよう!!」

そうして着いた鹿庭荘。食材に名前を書いて冷蔵庫へ

頭に「ゆ」と書かれました(笑)

そしてダッシュで向かったのは、もみじまんじゅう焼き体験!!

自分で焼くことができるのです

なんと終わってました。

17時まで開いているって書いてあったので

16時ぐらいまでがOKだろうと思っておりました。

人が来そうもなかったら閉めるそうです

予約は不要なのですが、電話をしておいたら待っていてくれるみたいです。

次に行きたかった六角茶房さんへ行きました。

書道家の坂口赤道さんがされています。

坂口さんとはHiroshima Creative Cafe繋がりです

ずっと行きたいと思っていました。

念願の六角茶房さん

ほうじ茶プリンと桜水晶餅をそれぞれ注文し交換しながら味わいました。

弥山の湧き水で作ったお餅です

お茶も水出し煎茶。暑い日だったのでこの特別な煎茶で生き返りました。

スイーツも絶品です。

ギャラリーがあって坂口さんの作品や

ベンさんデザインのTシャツがあります。

この文字の意味は

「人は自分が決めている限界よりもさらに行ける」ということらしいです

まだ暴走してもいいですか?(笑)

外の庭に、紅葉の花。

この季節しか見れないそうです。

小さいのですがよく見たら花になっていました。

紅葉の花と戯れる二人

夕暮れ時にお茶とお菓子を飲みながら

この周りの景色を眺め、何も考えずただただ味わう。

さらに坂口さんのハーモニカ演奏まで

もう幸せすぎです。

優子社長もこの庭でリコーダーを吹かせていただきました。

後からチェックインする組も到着したようで連絡があったので戻ります。

帰りはちょうど夕日に鳥居が映え

干潮だったので鳥居が通れました。

みてくださいこの絶景!!

鳥居の下からコインを投げて柱に乗ったら願いが叶うとのことなので

やってみました。

優子社長はなんと1回で乗りました!!

過去最短。

ただ願い事を覚えていない。。。。無心だったのかな

いや願ったはず(笑)

ノゾミールも挑戦して、乗りました。

優子社長から話を聞いたその場にいた、他の人もチャレンジ。

まだ乗らないけれど、時間がなくてもう帰る人がいたので

優子社長が乗せました。近くにいたのでご報告。喜んでくれました。

宮島に宿泊するので、時間を気にせずこのような景色を堪能できて嬉しいです。

帰って食事です。

食材を切ったりして、いよいよ作るときに二人だと

キッチンがそんなに広くないので分担制を採用

ノゾミールが作る間に、優子社長はノゾミールの分もベットメイク

そして完成。

キムチ鍋、唐揚げ、イカ天レモン!!

締めは雑炊

優子社長の友達なので、優子社長以外は初対面。

でもすぐに打ち解けました。

ノゾミールとも起業家仲間なので全ては知らなくて

みんなで話していて

ノゾミールの仕事への情熱・ポリシーなど改めて知ることができて

感動しました。

彼女にビラ配りを任せたら、まちがいなくその企業は成功します。

単なるビラ配りじゃないです。

データ分析から調査からもうビラ配りをしながら彼女は全部やってます

こちから依頼できます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

他の二人は今回の企画が生まれることになったこのブログにも登場した

山崎 勇三さん

http://www.bunsu-daisuki.jp/shiniasyukugakai/

そしてその友人の畑さんです。畑さんはきらりびとの取材の時に

一緒に映ってくれた方なのです。

腹ごしらえも済んでいよいよ分数大好きです。

宿泊客の方も、ダイニングに集まっていて一緒にやることに!!

面白くなりそう

後編はこちらです↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

世界遺産の宮島に泊まって分数大好き in 鹿庭荘(後編)