▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

映画「海賊と呼ばれた男」

映画「海賊と呼ばれた男」を見ました。

小説は読んでいません。

出光興産創業者の方をモデルにした映画だそうです。

国岡鐡造という主人公の一生を描いたものでした。

最初の15分ぐらいですでに泣いてしまいました。

泣いたシーンはこちらです

国岡鐡造さんは軽油の商売を始めたばかりで

うまくいかず借りたお金も底をついてきます。

出資してくれた人に

「必ずお金は返しますから」と伝えると

「あのお金は貸したとはおもっていない。あげたものだ。

神戸の家を売ればさらにお金が用意できる」

と言われるます。

「下に落ちているものを拾うのは簡単だけど

国岡さんは高い位置を見ているだろう。それでいい」

このシーンに号泣。

「分数大好き」も大変な時に助けてくれた方々がたくさんいるんです。

自分のことのように助けてくれて

その時のことが重なって、ボロボロでした。

みんなが逃げ出したタンカーに眠る重油を汲み出す作業を引き受けたり

石油を牛耳っているメジャーに屈しなかったり

信念と熱さに胸を打ちました。

日本人としての誇りを捨てずに貫くシーンがかっこいいなと思いました。

さすが日本の男性!!

本当にかっこいいなと思いました。

覚悟を持った男性の芯の強さは、日本の男性の素敵なところでした。

映画館でたくさんの男性のすすり泣く声が聞こえてきて

男性はとくに国岡さんの気持ちが分かるんでしょうね。

この映画の国岡鐡造さんの行動や熱意を感じることができたら

悩みなんて吹き飛ぶ

2016年にみた日本映画ではダントツ1位に躍り出ました。