▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

ひろ記者として甲奴ツアー ジミーカータシビックセンター編

午後からはジミーカーターシビックセンターへ行きました。

ジミーカーター氏は第39代アメリカ大統領です。

甲奴とカーター大統領には強い繋がりがありました。

DSC_0666

甲奴のお寺で使っていた鐘が数奇な運命をたどり

アメリカで発見されました。

「返しましょうか?」と甲奴に連絡が来ます。

そこから交流が始まりました。

その全ての歴史が資料からわかります。

優子社長が一番心を打たれたのは

カーター大統領が選挙に負けて大統領を退く時の言葉

「私は大統領よりも素晴らしい肩書きを与えられる。

それはアメリカ市民という肩書きだ」

という言葉です。

カーター大統領のことはここの資料館で初めて知りましたが

この言葉でカーター大統領の人となりを感じました。

資料館の後は2階のプラネタリウムへ行きました。

2階は図書館もあって、本当に静かで落ち着ける場所です。

プラネタリウムの番組は「ポラリス」

かわいいキャラクターが出てきて、星空生解説もあって

星空が大好きな優子社長は幸せでした。

キラキラプラネタリウム日付

流れ星の映像もあって、願い事をしました。

おかげで叶いそうです

立派なホールもあって、見学させていただきました。

DSC_0674

優子社長はステージの上に立たせてもらったので、そこからの写真です。

外の景色も素敵です。

DSC_0675

日米の友好の旗があったのでそれを持って記念に1枚

旗もつ

そして、もう1枚はこれを持ったらやるしかないでしょう!!!

という一枚

旗ボー

優子社長は世界販売への旗をゲットした(笑)

優子社長はレベル3になった(笑)

詳しい記事はひろ記者みんなで編集、校正して掲載されます。

一生懸命素敵な記事にしますので、見ていただけたら嬉しいです。

三次甲奴ツアーの杉浦さん、宮崎さんありがとうございました。

本当に素敵なところなので、是非行ってレベルアップしてください(笑)

帰るまでが旅行。帰りの話はこちら

http://www.bunsu-daisuki.jp/softcream/