▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

小数大好き題字コンテスト表彰式の舞台裏!審査員で日時を間違えた人物

3月30日(金)に

無事に小数大好き書道題字コンテストの表彰式を終えたのですが

その舞台裏は大変なことになっておりました(笑)

審査員でもあり

前作「分数大好き」の題字を書いた

教え子のまゆゆが日時を間違えました!!!

31日(土)だと思っていたのです

まゆゆは「小数大好き題字コンテストの概要」を

説明する係になっており前日までにはその概要の原稿を仕上げて

優子社長にチェックしてもらう

という流れになっていたのですが

水曜日は提出してもらって

前日の木曜日に最終原稿が完成して練習する

と決めていたのに

1日遅く間違えていたので

全部がずれておりました。

これは大変!!!

ですが、間違えたものはしょうがない。

間違えていたものの当日はこれるそうなので一安心。

原稿がくるのが遅れたら

もうチェックする時間がなくなるので

この際、作ることにしました。

優子社長は社長挨拶の原稿を作る予定でしたが

もう両方やってしまえ!!!

まゆゆに最終チェックをしてもらいながら

まゆゆ自身が伝えたいことも盛り込み無事完成しました

その文章がこちらです。

ご覧いただきながら、小数大好きのコンテストがどういうものだったか

改めてご理解いただけたら嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ただいまご紹介いただきました

百合野真由と申します。

私からこの度の小数大好き書道題字コンテストの概要をご説明いたします。

「小数大好き」というのは小数・割合・百分率を使いながら遊ぶカードゲームです。

小数を習っていない子どもでも遊べるという優れものです。

5月頃に発売を予定しております。

『このカードゲーム「小数大好き」のパッケージ文字を

皆様から募集しよう』というのが

今回の小数大好き書道題字コンテストです。

「小」・「数」・「大」・「好」・そしておくりがなの「き」

の5文字を各部門にわけて募集しました。

「小」部門は小学3・4年生

「数」部門は中学生

「大」部門はフリー

「好」部門は小学5・6年生

おくりがな「き」部門は小学2年生以下

となっており、大はフリー部門でしたので

例えば小学3年生でしたら「小」と「大」の2つの部門にエントリーすることが可能でした。

書道文字であるのは、数字は世界共通で世界中に商品を届けることが可能です。

その時に日本の伝統文化である書道も一緒に届けようという思いからです。

2月下旬に審査をし、グランプリ5名・準グランプリ5名・特別賞10名を選出しました。

グランプリ5名の文字が商品のパッケージとなります。

後ほどパッケージ案をお披露目いたします。

楽しみにしていてください。

私も小学1年生から書道を嗜んでおりました。

また優子社長と縁あって前作のカードゲーム「分数大好き」の商品文字を書かせていただきました。

自分の文字が商品になる喜びはなんと表現してよいかわからないぐらいの喜びがあります。

その経験は、私の誇りです。

今回の文字も書きたいと思いましたが、優子社長から

「自分の文字が商品になるという経験をより多くの人にしてもらいたい」

と言われ、確かにそうだと思いました。

このコンテストにエントリーされた方すべてが

「もしかしたら自分の文字がパッケージになるかもしれない!!」

というドキドキワクワクを味わったことと思います。

選ばれなかったと嘆くのではなく、

「そのドキドキワクワクした経験も宝物にしてもらいたい」と

審査員一同願っております。

以上でコンテストの概要説明を終わります。