▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

広島経済レポート様に取材していただく&逆取材

本日、広島経済レポート様

に株式会社分数大好きを取材していただきました。
新設会社のコーナーに
株式会社分数大好きのことを紹介していただけることになりました。

株式会社分数大好きの経緯にはたくさんの縁があります
広島ドラゴンフライズ
夢実現プロジェクト
ひろしまベンチャービジネス助成金
寺子屋ユウコチャングム
などなど
全てがあって出来上がったものです
だから、いろいろな話をさせていただきました。

最後に
売り上げ目標を訊かれて
純利益ではなく
税抜き2000円で売った数でといわれました。
分数大好きの完売個数は
9500個!!
計算すると1900万
きりが悪いから2000万と答えました(笑)

「すごい額だな」
と思いましたが、そういえば
売り上げはこれでも、実際の利益は違うものでした。
制作費も営業費もかかりますし。
でも、世界大会のために頑張ります☆

いろいろ取材されましたが
優子社長も気になったので
「私からも1つ質問していいですか?」と逆取材を決行(笑)
記者の方が2人いらっしゃったので
「2人はなぜ記者になられたのですが?」と尋ねました。

今年、新卒で入社した山本尚基 記者は
「記者になりたくて、大学生のころから社説を要約して、
ゼミの先生に提出して添削してもらっていました。
記者になった先輩には、それ無意味よって言われたんですが」
と話してくれました。
「いや、その努力が絶対に採用になったのだと思いますよ」
と優子社長は思いましたし、言いました。
経済レポート様は中途採用しかないそうですが、
山本記者は新卒で採用されたそうです。
優子社長はやはり山本記者の努力と熱意が
中途採用しかない経済レポート様を動かしたんだと確信しました。
熱意と暴走ね←ちがうかな?!(笑)

もう1人の藤冨啓之(ひろゆき) 記者は優子社長の逆取材に
「僕、何歳に見えます?」と切り返してきました。
「これ、答えによってはさっきの分数大好きの掲載記事が半分にされてしまうとかありますよね(笑)」
「ないですないです(笑)」
というところから会話が始まりました(笑)
「いきなりサラリーマンをやめて、フリーでライターになりました。最初の収入が5万円で」
「5万も?」
「多いですか?」
「いや、フリーになっていきなり5万ってすごい気がしました」
結局、それでは食べて行けずに広島へ帰ってきて中途採用で入社し、現在に至るそうです。

訊いてみたら楽しいですね。
藤冨記者は優子社長の暴走記を読んでくれていましたが
暴走記を『爆走記』と間違えていました(笑)
まだ爆走してないつもりでしたが、暴走して爆走もしているのかな(笑)
とにかく、とても楽しい取材の時間でした。
経済レポート様から新たな提案もあり、
記事掲載以外にもお力になっていただけるかもしれません。
心から感謝しております。
今日は、暴走記用の集合写真を撮り忘れて
経済レポートの冊子の写真となってしまいました。
またいつか集合写真を撮りたいです