▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

広中平祐さんのようなフィールズ賞を獲るぐらい分数に興味を持って欲しい!

子ども文化科学館で分数大好きを発売していただけることになりました。

科学館に置いてもらえることになり

子どもたちが理科と算数の両方に興味を持つきっかけに

分数大好きがなれるかもしれない!!!

と思うと本当に嬉しいです。

科学で有名な賞はノーベル賞ですが

数学にも賞があるそうです。

それがフィールズ賞です。

フィールズ賞の説明はこちらです。

4年毎に開催される国際数学者会議において「顕著な業績をあげた40歳以下の若手数学者」に授与される数学界の最高の賞である。ノーベル賞に数学部門がないことからカナダの数学者J.C.フィールズの提唱により1936年に創設された。現在に至るまで45名が受賞。日本人数学者は3名が受賞。広中平祐先生の受賞理由は「代数多様体の特異点解消理論」である。

日本人でフィールズ賞を獲得した人の1人が広中平祐さんです

広中平祐さんのプロフィールはこちらです。

数学者。文化勲章受章者(1975年)。日本で2人目のフィールズ賞受賞者(1970年)。京都大学数理解析研究所・ハーバード大学等日米の主要な研究機関で数学の研究活動を行う。山口大学学長も歴任。また、研究のみならず数学教育に積極的に取り組み、次世代の若者達に対する数理科学の振興・啓蒙・教育にも尽力。(財)数理科学振興会理事長。

両方とも下記よりいただきました。

http://www.math.sci.hiroshima-u.ac.jp/csm/lecture.htmより

優子社長は広中平祐さんのことを知人から教えてもらい

著書を読みました。

誰でも算数が好きになれる

広中平祐の数学教室 (上下巻)

優子社長が分数大好きのカードのことを説明するとは

「誰でも分数が大好きになるカードゲーム!」

と言います。

運命を感じました。

書かれている数学の知識を全ては理解していません(笑)

広中さんが算数を好きになったのはおじさんのおかげでした。

楽しみながら数学を勉強したこと

広中さんが数学が大好き!!

とよくわかります。

好きになったきっかけは楽しかったり、大好きになることなんですよね。

分数大好きは楽しく、そして分数が好きになって欲しいと思って作りました。

その願いが叶って、広中平祐さんのようにフィールズ賞を獲得する人が出て欲しいです。

その賞を獲得した人が

「昔、分数大好きで遊んだのがきっかけで分数から最後は数学まで好きになった」

となると、本当に嬉しいです。

広中平祐さんにお会いして、一緒に「分数大好き」をしたいです。

フィール賞を獲得した方と考案者が対決!!

広中先生と勝負をしたら確率を緻密に計算されて負けそうです(笑)

いつかお会いして、分数大好きの数学者から見た意見も聞いてみたいです。