▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

広女塾から合格者が出ました!!&講師の優子社長も福岡のコンペに合格しました!!

夢実現プロジェクト 女性チャレンジ制度の受賞者3人が

「次の受賞者も広島から出て、広島を盛り上げたい」

と思って立ち上げた広女塾。

第3回女性起業チャレンジ制度へ応募するため

1回目::ビジネスコンテストで受かるコツ

広女塾スタート!!ビジネスコンテストで入賞するためにサポート

2回目:書類の書き方

http://www.bunsu-daisuki.jp/hirojyojyukubunsudaisuki/

3回目:書類を仕上げる

http://www.bunsu-daisuki.jp/hirojyojyukusaisyuu/

の全3回講座をしました。

そして全員が第3回への応募が完了しました。

結果はそろそろだよな〜、、、まだかなぁ

と自分のときよりも心配しておりましたが結果が出て

3名が合格していました!!!!

広女塾に1回でも参加してくださった6名中3名が一次審査突破!!

自分のことのように嬉しいです。

落ちた人の気持ちを考えると、切なさはあります。

優子社長だっていっぱい落ちていますから。

広女塾の方に限りですが

「落ちたのは伝わり方」の問題だけだと思います。

落ちると

自分のやろうとしているビジネスはダメだってことなのね

落ちたってことは成功しないって言われているのね

そもそも私はダメな人間なのね

などなど考えてしまいますが

はっきり言いますが、

「違いますよ」

悲劇のヒロインすぎです(笑)

と、まぁ人が落ちた時はここまで言えるもんです。

自分が落ちた時は、同じことを考えて

どん底まで落ちているやつがよく言えたもんだと思いながら

言いますけどね(笑)

広女塾のメンバーのビジネスプランはどれも世の中のためになるものでした。

本当に素晴らしい!!

あったいいな!!と思うことばかりでした。

ビジネスコンテストに落ちても、世の中に必要なことなので

必ず実現してもらいたいですし

実現すると思います。

ビジネスコンテストだけが夢をかなえる方法ではないですから。

今回のコンテストに受け入れられなかったからといって

自分のビジネスがダメだとか、

自分がやろうとしていることがダメだとか

もちろん自分自身がダメだと一切ありませんから

その落ち込み勿体無いですから

!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!

残念!!

(ちょっと古いな、、、いや相当古いな )

落ち込みが無用だということではありません。

落ち込むと見えてくるものがあります。

あそこをこうしていれば、、、とか

悔しいなと言う気持ちが生まれて

それは絶対に次につながります

「もっとブラッシュアップして絶対に次は通るぞ」

「来年は審査員全員一致で合格になるぐらいの文章にしてやる!!」

落ちた時のこういった気持ちが成長になると思います。

↑きれない言葉で並べましたが、

何度なく、

優子社長も「くっそー」と思って、

心の中でまぁ相当かけないようなことを叫びましたし、

まぁ色々な感情がありました。

絶対に合格してやる!!と思ってリベンジして合格したコンペもあります。

合格したら合格したで、自分のプランは素晴らしいのだと認めてもらって

期待をしてもらうことで、自信もつくのでもっともっと自分のプランが

成長します。

落ちたら落ちたで、向き合ったり悔しいから頑張ったりで成長するものです。

どちらも成長します。

広女塾のみなさんのプランは本当に素晴らしいものでした。

また受けるときは、広女塾の3人は全力でサポートします!!

そして講師である優子社長もビジネスコンテストの挑戦者。

先日、23:59ギリギリで間に合った締め切りのコンペ

実は、2つのビジネスコンペの締めきりが重なっていて

2つ出したから1つが最後の最後でギリギリになったんです。

1つしか出さない予定で進めていたら、

1日前ぐらいに知人からコンペ情報をもらいました。

優子社長にも資格がある!!というものだったので

急遽2つを仕上げることに。

1つ結果が返ってきて合格しました。

「福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞2017」

福岡でのビジネスコンテストです!!

初の福岡です。

一般公開審査なので是非、見に来てもらえらたら嬉しいです!!

応募はこちらからです。