▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

ハドソン川の奇跡を見て感じた『デジタルとアナログ』

本日、映画『ハドソン川の奇跡』を見ました。

実際にあった話を元に、作られています。

全部が本当ではないようです。

14670841_321455781549896_6809137088677988687_n

鳥の群れがエンジンに入って

両エンジンが故障。

近くの空港へ着陸するように指令が入るも

間に合わないと思ったベテラン機長は、ハドソン川へ着陸します。

その判断が全員の命を救います。

英雄としてメディアにとりあげられる機長。

しかし、事故の調査をする機関が、まだエンジンは動いていて

指示した空港へ戻れたというデータが確認される。

勝手な判断で、乗客の命を危険にさらした殺人未遂容疑がかけられる。

長年の勘で、両エンジンは確かに止まって動かなかったし

高度を持ち直すことはできなかったという主張する機長。

機長は英雄か容疑者か?

長年の勘というのは、

1日でできるものではない中で

その勘で全員の命を救ったのにも関わらず、その結果では収まらず

あとからデータを突きつけられ

その判断は間違っている、データでは戻れるはずだった

戻って着陸していたら飛行機も無事だった!

と責められるのを見ていると

アナログの証明できない世界が否定された絶望感を感じました。

データがなくても

証明がなくても

いいものはいい!!

人が助かっているのが事実!!というわけにはいかないものなのですね。

『分数大好き』もデータはまだまだデータはないのですが、

子どもたちが何時間もハマる

大人も大人げなくハマる(笑)

というのを自信に

『分数が強い国=日本』という奇跡を起こしていきたいです。

映画は最後は

アナログとデジタルの世界の両方が大切なことがわかる

素敵な終わり方でした。

デジタルとアナログの両方の良さがあっていいですよね。

分数大好きはアナログですが

デジタルのプログラミングスクールTech Chanceさんと

コラボレーションして

両方の良さを子どもたちへ伝えていきます。

11月ごろから始動します!!