▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

台風の中Rubyデジタルコンテンツ表彰式で涙と笑いの大暴走 前編

東京から帰ってきて広島で3日間過ごしたら

表彰式のため福岡へ行きました。

台風と正面衝突

だいたいプレゼントか面接審査とか最終審査説明会とか

台風と激突する女なのです。台風を呼ぶ暴走社長でしょうか・・・・

しかし、いつも影響がなく何とかなるのです・・・

ただ行くまでは精神的にやられます。行けるかわからないから

「神様、何で台風をあててくるんですか」

「せっかく表彰されるんですよ」

なんて思いつつ、神様はちゃんと列席させてくれるだろう

列席させないなら新幹線が動かないようにしてくれるはず。

「新幹線が動いているってことは乗れってことよね!!」

なんてプラスな気持ちも・・・

2時間まえぐらいの新幹線に乗って1分の遅れもなくついて

優雅に朝マックなんてして、

「ほら、やっぱり神様は味方してくれてる」

と思ったら、すぐつくはずの表彰式会場までの道のりを

迷った!!

そとは台風によりどしゃぶりの雨

携帯の地図を見れる状況ではない中で

「神様・・・せっかく表彰されに来た晴れ舞台ですよ

そとの雨は仕方がないにしても迷わせなくてもいいんじゃないですか?!」

泣いていました。でも顔はそれは

傘をさしていても濡れ雨で他人からみたら分からないからよし

会場近くまでは来ていました。

会場入りする前に行こうと思っていた神社を発見しました。

もう神頼みしかないと思って、

雨でぬかるんでいるのに重いスーツケースを持って行きました

参拝したらなんだか少し雨が弱まったような

ありがとう神様

そして会場に着きました!!!!

やった!!!!!!!

更衣室に入ってほっとして袴に着替えます

そこでまた大変な事件が発生・・・・・・

袴の帯を忘れた!!

なんということだ・・・・

今までそんなミスを一度もしたことがないのに

福岡だから博多の半幅帯にするぞって夜に言って

そのあと入れ忘れた

神様・・・表彰式なんです。晴れ舞台なんですよ

ずぶ濡れの私服で列席したくない・・・

更衣室でまた泣いた。

でも結局2択です。私服か、袴で列席か

袴姿を完璧に分かる人はいないよね。

伊達締めという最後の見える帯の前に着物を固定する帯が

わりとまともな綺麗な博多帯でした。

本当の帯だったら、うしろにコブができるけど伊達締めではできない

まぁ剣道の袴はコブがないからばれないだろう

後ろのコブ分袴は後ろに来る方が長くなっているんです

でも、コブがないから後ろの裾が長い・・・

横からみえる帯もちょっと薄いけど

まぁよっぽどみないとわからないだろう(笑)

会場で展示の準備!!

リハーサル

壇上の景色はこちらです

リハーサルのときしか写真撮れないから

こんなところで表彰してもらえるだなんて

もう袴姿変だけどいいよね

表彰式のときには晴れました

天も祝福してくれている!!

(↑単純)

基調講演をきいたり

大賞の方のプレゼンをきいたりしました。

大賞はこのフォーラム内で10分のプレゼンです

優秀賞は交流会の時に5分のプレゼンです

パンフレットには様々な作品が書いてあります

自分の座席もあります。

毎回のことながら

この座席の札『株式会社分数大好き』の文字をみると嬉しいのです

自分の会社の存在がそこにあって、自分の名前があって

当たり前だけど、幸せです

パンフレットにも受賞作品として載せていただきました

表彰式ではトロフィーと賞状をいただきました

表彰式の写真はないんです

社員もいませんから表彰式で一緒に喜んでくれる人もいない。

こんなときは社員やチームっていいなと感じます

写真はないのですが動画はあるんです

尊敬するアントレプレナーで紹介した

福岡のコンテストに出すきっかけになった石川麻衣子さん

http://www.bunsu-daisuki.jp/ishikawamaikosan/

が、仕事を抜けて見に来てくれたんです

ゆっくり話はできなかったけれど

動画をくれてそしてお土産の通りもんまで!!

嬉しかったです

表彰式も終わって交流会です!!