▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

優子社長 またまた涙の営業日記(2日目) 〜株式会社あおき様&城山中学校〜

先週の金曜日、たった1日だけど営業というものをして

担当者様の連絡先をゲットして繋がったことに涙しました。

土日を挟んで、今日から月曜日!!

「1日1つは分数大好きの販路拡大に向けて動く」という目標があるので動きます。

優子社長の場合は

動く=恐らく暴走ってことになっているようです(自覚症状はありません)

金曜日に営業の電話をした際に

「社長は月曜日の午後ならいる」と言われていたので、そこへ電話をしました。

13時 1回目の電話

「社長は外出しておりまして14時30分ぐらいに戻る予定です」

14時45分 2回目の電話

「申し訳ございません。来客中になり、これから夕方まで来客が立て込んでおります。

夕方になると落ち着くと思います」

17時 3回目の電話

「今、出かけてしまいまして、そんなに時間はかからないと思います。

18時頃には戻ってくると思います」

この辺りで優子社長、ちょっとだけ

「もしかして遠回しに断られている?気づけってことなのかなぁ」とへこみそうでした。

何回か目の電話で用件を聞かれて

電話受付をしている方に話しました。

すると「資料を送っていただければ」と言ってもらえたのですが

送るにしても、社長とちゃんとお話してから送りたかったのです。

1時間後といって忘れたらいけないからタイマーをセットして

18時 4回目の電話

「少々お待ちくださいませ」

※株式会社分数大好きの『分数大好き』が聞き取ってもらえず、

何度も会話して分かってもらえたとき

「分数大好きですか?!?!(笑)」という、

このほんわかした笑いが大好きです。

会社名分数大好きでよかったかな〜なんて思いつつ、いよいよ社長とお話です。

ついにつながりました!

☆広めるために力を貸してほしい

☆店頭で試食販売のように体験販売をさせていただきたい

と素直に、お願いする。

「バタバタして会える時間がちょっとない状態なので、資料を送ってくださいましたら

必ず責任を持って目を通します」

と、言ってくださいました。

「ありがとうございます!!何度も電話して申し訳ございませんでした」

「何度も電話してくれていたのですか?それはそれはこちらこそ、ありがとうございます」

「いえ、三顧の礼を尽くさねばと思いまして」と優子社長がいうと

青木社長は笑っていらっしゃいました。

株式会社あおき 様に資料を送付する許可をいただきました。

↑こちらの社長様と直接お話させていただけただなんて、夢見たいです。

青木社長様が優しくて、

さらには『責任を持って目を通す』という力強いお言葉を

電話で聞けたのが嬉しかったのと、緊張から解放されて電話をきる直前ぐらいから

涙ぐんでおりまして、切ったらぽたぽた涙。

また泣いて、アホだな〜と自分で思いながらも

それだけ必死で、必死になれた自分を

「よくやった」と認めてあげてもいいのかな〜と思いました。

青木社長に電話をしたのは午後だったのですが

午前は勤務先の小学校で仕事後に、教育実習でお世話になった中学校へお邪魔しました。

実は某N先生が、私の変わりに校長先生へ『分数大好き』を紹介してくださったのです。

そのときに個人的に1つ購入してくださったと聞いていたので

アドバイスをいただこうと伺いました。

校長先生の教科は「数学」ですので、いろいろとためになるアドバイスをいただきました。

さらに、優子社長のブログを見てくださっていて

「どこどこ行ったっていうの、楽しんでみてますよ〜」と校長先生から言われた事も非常に嬉しかったです。

いただいたアドバイスを活かして、明日もやるぞ!!

『1日1つ販路拡大のために動く!!』

明日の動きもどうか見守っていてください。

今日の営業活動が繋がって、おもちゃ屋さんで買えるようになり

子どもたちのもとへ『分数大好き』が届けられる事を一緒に願っていただければ嬉しいです。

1人よりみんなで願えば叶いそうなので、よろしくお願いします。