▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

今年は夢が叶いました!分数大好き優子社長の毎年恒例行事「大聖院の節分」!!

毎年、ゆうこ社長は2月3日は大聖院さんの豆まきに参戦します

去年の模様はこちらです。

https://www.bunsu-daisuki.jp/taikensurutogakusyu/

この行事を知人に教えてもらってから参加するようになって

今年は4年目です。

いつもは平日でしたが今年はなんと土曜日・・・・・

休日に当たるのは初めてですから、覚悟しておりました。

今年は、ゆうこ社長が先生を務める「寺子屋ユウコチャングム」の生徒が一緒にです。

節分は今年の福男・福女の方が境内から豆をまきます。

それをゲットして豆の中に当たりが入っていたら

景品と交換です。

つまりまずは豆をゲットする。さらには当たっていること

と景品ゲットまでの道のりは2段階あるわけです。

もみじまんじゅうや裸のお餅も飛んできます。

人が取り損ねたお餅がとんできて、頭にスコーンってなるときもあります。

髪の毛が餅の白い粉で汚れることも(笑)

そんな壮絶な戦いです。

それだけが楽しみではなくて、そばが振る舞われます。

ちゃんと「気持ちをおく」ようにはなっています。

このお蕎麦が楽しみなのです。

ちなみにこの写真をみてお気づきでしょうか?

私の顔がまるい

(違います)

後ろにご注目ください!!

そうなのです。

カードゲーム「分数大好き」を景品に協賛させていただきました。

9等です!!

といっても等数が上だからといって

豪華な賞品というわけではないようです。

9等も何種類かあるようです。

どんな方がもらってくださったのでしょうか。

毎年の節分では、このように大勢の人がひしめき合う中

始まりを待ちます。

その中で周りを見ていると

目に付きのか協賛企業の垂れ幕

ここにいつか名前が載るようにしたい。

その夢が今年、叶ったのです。

この垂れ幕を見たとき

涙が出そうでした。

豆が取れなくても、この垂れ幕をみただけでもう満足でした。

あまりに嬉しくて、垂れ幕と一緒に撮影しました。

4年前からきていますが

そのときは株式会社分数大好きは存在しません。

2周年を迎えたばかりなのです。

自分の会社を持ち、名前がかかっている。

本当にありがたいことです。

心から感謝しております。

節分という節目を迎え、これからも日々邁進いたします。

今年は本当に大勢でした。

祈祷をすると、受付で豆がもらえること

その豆には1つは当たりくじが入っているそうなので

今年は、そこで1つ確実ゲットすることにしました。

そばも食べて、1つはゲットして

豆まきに参戦してとれたぶんはラッキーだと思おう!

という作戦でした。

生徒もゆうこ社長もいくつかの豆をとることができました。

何よりラッキーだったのはこの大勢の中

携帯を落としたのです。

踏まれた最後でしたが、すぐに気づいて拾うことができたので

十分に福はいただきました。

怖いのにこんなに大勢の争奪戦にいくのは、怖いけど面白いからです。

待っている間に周りの人と話して

「今年初めてなんです」とか

「知人が前にきてメガネが壊れたそうで」とか

コミュニケーションをとることが楽しいのです。

おしくらまんじゅうが暖かいこともしります。

押し合って、本当に死ぬかとおもうぐらい潰されそうになります。

人が集まっている場所で将棋倒しになって

大事故になることがあります。

「大勢の中では押し合わないこと」それを身を持って体験できます。

恐怖を体験すること、大勢で争ってはいるものの譲り合う心、周りとの会話

人と人が集まる暖かさ、パワー

様々なことを感じられるので、怖いけど大好きです。

協賛企業は祈祷で読み上げていただけるらしく

祈祷中「株式会社分数大好き」と住職さんに読み上げていただきました。

神様仏様に届けてくださったと思います。

感謝しております。

今回、垂れ幕の夢は叶いました。

もう一つの夢があって、

このように上で巻く人になることです。

上にいけるように、日々精進します。