▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

分数大好き優子社長はゾロ目の日は大聖院様でご祈祷をしていただきます

もともとは大聖院様の信者ではありませんでしたが

旦那様の職業が大聖院の僧侶で、

「普段からご祈祷を受けれる」と知り、祈祷を受けております。

ご祈祷といえばそれまでは厄払いや商売繁盛のように

大事な節目にするものだと思っていました。

毎月来る人もいる、商売をする人は一日参りをする人が多いなど

祈祷は特別にするものだけではないことを教えていただきました。

神社によっては祈祷は5000円からと決まっているところもあり

そんな毎月5000円というとちょっと悩んでしまうことろがあります。

神仏のことなのにお金を出し渋るだなんて罰当たりなことは

重々承知しておりますが・・・・・・

大聖院様は祈祷は気持ちだから1000円から受け付けているそうです。

1000円でもいいのなら、毎月でも受けられそう!!

(実際にはもう少し入れております笑)

祈祷をするのは商売をするからでもあります。

努力だけではどうにかならないとき、そんなとき運といいますか

お導きがあると思うのです。

今までにも何度も助けてもらっていると思います。

他の理由としては、

ついつい感謝の気持ちを忘れてしまいそうになるので

毎月お参りして、直接神仏にきちんと感謝の気持ちを持とうと思い、

それからは行くようにしています。

大聖院に祀られている

三鬼大権現様は「鬼」という文字が当てられる分

ハイリスク・ハイリターンだそうです。

ご利益がある分、お礼を忘れると悪いことが降りかかってしまうそうです。

ついつい、良いときだけ感謝したり

良い時はそれがいろいろな物のおかげだと忘れてしまうことがあるので

三鬼大権現様がお怒りになるのもごもっともだと思います。

お怒りになられることのないように、感謝の気持ちを忘れることなく

お参りしたいと思います。

優子社長は1日参りではなく、ゾロ目参りです。

ゾロ目が好きなのです。777や1111と並ぶとなんだか嬉しくなるのです。

だから、ゾロ目です。

7月7日、8月8日、9月9日、10月10日とゾロ目でお参りです。

11月11日は難しかったので11月22日にしました。

絶対にゾロ目とは決めません。

プレッシャーはかけないようにしていますが、決めておかないと

「また今度でいいか」となってしまいそうなのです。

ご祈祷で何かお願いをすることはありません。

僧侶の方がご祈祷している間、ふと天井を見上げて

「今、私は三鬼大権現さまとお話しできるのかな。

いつもありがとうございます」

と三鬼大権現様に話しかけるのです。なんだか僧侶の方の力を借りて

お話しでてきているような気分になるのです。

太鼓の音が体の中心にどーんと響いてきます。

自分の体にものすごく圧がきて、吹き飛ばされそうな気迫です。

そうすると、不安や悪い方に考えてしまうことが

太鼓の波動で体の中からはじき飛ばされて心が洗われる思いです。

ご利益があったとかないとかはわかりませんが、

なんだか心も頭もすっきりして、前を向いて進めるので、感謝しております。

近くの氏神様でも

神社や仏壇に手をあわせるだけでもいいと思います。

たたご祈祷を一度受けてみて欲しいです。

ご祈祷の不思議で心地よい感覚が素晴らしいのです。

来月は12月12日が目標です。