▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

リコーダー演奏の本番まであと2日!!最終の合わせ練習

昨日から広島の佐伯区にある造幣局では

花のまわり道が開催されています。

普段入れない造幣局の中に入り

たくさんの見事な桜を観賞できます。

それに合わせて佐伯区民文化センター横の中央公園では

さくらまつりが行われ

地域の人が出店をしたり

ステージで発表をしたり

16日は造幣局前のコイン通りを閉鎖してパレードも行われます

とても盛り上がるお祭りのステージで

優子社長はリコーダー演奏をさせていただきます。

リコーダーとピアノのデュオです

https://www.facebook.com/Teachers-リコーダとピアノのデュオ-167519807103630/?fref=ts

子どもたちが習っているリコーダーでこんな曲も吹けるんだ!!!

と子どもたちに興味を持ってもらえるよう演奏します。

3月末にそういう活動をしたい!!

と思って

5月20日(土)に演奏する場所を確保したのが最初でした。

4月15日(土)にも演奏できるチャンスをいただき

この2週間練習してきました。

各自で練習して、合わせの練習は

ピアノ担当のなっち先生の家でやります。

山の上の団地なので、自転車(電動ではない)で優子社長は登ります。

優子社長は運転免許がないので、全部自転車か公共交通機関なのです。

今日が本番前の最後の合わせ練習

時間を計ってちゃんと時間内で終わるか

そしてなぜか踊り?ステップ?の練習まで(笑)

リコーダー用の楽譜があるわけでも

それに合わせての伴奏の楽譜があるわけでもありません。

だから耳コピして、それに合わせて

自分たちで考えます。

二人とも音大出身ではありません。

だから楽譜はこれです↓↓↓↓↓↓↓

多分、ピアノ担当のなっち先生本人しか分かりません。

優子社長のリコーダーの楽譜もこんなもんです。

楽譜が書けないと音楽活動ができないとか

楽譜が読めないと作曲ができないとか

そんな条件はありません。

鼻歌だって作曲!!

こんな感じって歌って、それが相手に伝えて

演奏してもらって

自分も演奏すれば音楽活動はできます。

音楽の専門学校にいかなくても

ステージで演奏する機会をもらえました。

なんの実績もありませんが、演奏させていただくことができました。

リコーダーの演奏そのものだけではなく

考えたえり

工夫したり

探したら

目標を達成することはできるんだ!!

いろいろアイデアを出し合って

この曲はどうかな?この曲順にする?

と工夫したり、考えたりしながらやると

練習するときも楽しいよ!!!

とこのリコーダーとピアノのデュオ活動を伝えられたら

と思います。

分数大好きのことと関係ないと思われるかもしれませんが

優子社長は

子どもたちに勉強って楽しいんだよ!!

と伝えたい

その想いは

カードゲーム分数大好きのことでも

このリコーダーとピアノのデュオでも

共通しています。

そのことが伝えられる活動はしていきたいと思っております。

今週末、ぜひ聴きにきてください。

子どもだけでじゃなく、大人の方のためにもちゃんと吹きます(笑)

みんなが楽しめる「さくらまつり」のための演奏曲です。

お待ちしております。