▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

楽しみながらお仕事を!優子社長のアルバイト暴走記録!

優子社長は早朝コンビニでアルバイトをしています!!

「貧乏暇なしだから」というと本当にそうなるらしいので

『退屈知らずのお金持ち』だからというといいらしいです。

ということで、そういう理由から働いております。

株式会社分数大好きも寺子屋ユウコチャングムも自営業のようなものなので

自由な分、収入は自分次第となって不安定なのです。

やはり働くのですから収入のためだったので

世の中で言う社長になったのにアルバイトか、、、、

みんな惨めな社長だっていうのかな、、、、

なんて思いましたが、働かないといけないんだから

そんなこと言ってられないのよ!とすぐにその考え方を吹っ飛ばしました。

分数大好きも寺子屋ユウコチャングムもいつも一人で働くので

誰かと一緒に働くのは楽しいですし

時間そこで働いたら一定の収入になるのは、本当にありがたいです。

改めて雇われて働く安心感や幸せに包まれております。

アルバイト歴はちょうど半年ぐらいになりました。

アルバイトを始めた後、さらにどん底まで落ちた時に

ある本に

「なんでも本気でやってみろ!!!そしたら絶対に人生が変わる」

と書いてありました。

わかった。なんでもやるぞ!!

と「もうやってしまえ精神」になりました。

全部本気ね、

「本気のおはようございます」ってどうすればいいんかな。

さらに思いっきりの笑顔で言ってみよう

掃除の時には

「本気のモップがけ」ってどうすればいいんかな

床に話かけながらやるか

「きれいにな〜れ、きれいにな〜れ」

「朝早くに来た人が少しでも癒されるような空気出してね」

と声には出してませんが、思いながら

1つ1つ本気でやりましたね(笑)

今も本気でやってます(笑)

そしたら、なんだかよくわからないけど

お金は増えてないかもしれないのですが心は豊かになった。

袋詰めも日々試行錯誤。

お弁当はマチがある袋が用意されていますが

少しし小さめのお弁当をそれに入れると空間が出来すぎて

きっと運ぶ時に揺れに揺れるなぁ

だったらもうお弁当袋ではない

普通のビニール袋にいれてしまった方がいいな

持った時に平行になるように

どんなに車に揺られても商品が動かないように

渡す前に平行かちゃんと自分で持ち上げ

中心を考えて、均衡が保てるようにして

少し傾いたら商品をちょっとずらして渡す!!

どの商品を底にして土台を作るか(紙袋ならそこにある厚紙の役目)

一瞬で判断して袋詰めする!!

これ、日々精進なり!!

完璧に袋詰めできた時の爽快感、たまりません。

お客様のタバコを覚えて言われる前に出す!!

なかなかどのお客様がどの銘柄かごちゃ混ぜになってまだ完璧に出せませんが

当たった時にお客様の顔が「おっ、覚えてくれているだな」となるのは

何も言われていないですが褒めてもらっているようで嬉しいです。

最大は声のかけ方

早朝の仕事前に寄っているので、元気いっぱいに送り出したいから

「行ってらっしゃいませ!!」と言いたい。

それはホテルで勤めていた時にいいなと思ったお声がけ

そしてもう一つ、今日1日が良い日になるように

「良い1日を」と伝えたい!!

⑴ありがとうございます

⑵行ってらっしゃいませ

⑶よい1日を

の一連を自然に、決まりセリフみたいにならないように

いうのはなかなかタイミングが難しい。

⑵の行ってらっしゃいませ

まではいけるんですが

⑶のよい1日を さっさと行ってしまうお客様に伝えられない

背中に向かって言うか、心の中で思うままで言えない時も、、、、

よい1日を過ごしてもらえるように、ちゃんと伝えます

そんなことをしながら働いていると

あっとう間に時間はすぎます。

一緒に働く20代の子の鮮やかな肉まんを包む手さばきに感心して

実はお手本にしながら全部の動きをチェックしております

「1、2、3」みたいな感じで包むんですよ

歴が長いからさすがだな。

働くって面白いです。働きながら学ばせてもらっております。

働くことの楽しさ、素晴らしさ

自分のお店を経営する楽しさ

雇われて働くことの楽しさ

など

両方の立場を体験している優子社長なので

子どもたちに伝えられたらと思いました。

その思いから

リビングカルチャー広島 様で講座をさせていただきます。

4月3日(月)

13:00〜15:00

リビングカルチャーセンター広島

子どもたちには自分の会社を持っていただきます。

そしてこの2時間は○○社長と呼び合い

実際に社長として経営するために

まず何から始めるか?

何が必要?

1日いくら稼いだら会社はやっていける?

自分の給料はいくらあったら生きていける?

必要な生活費は?

など当たり前のようにお金がある生活をしておりますが

よく考えたら生きるためにこんなにも必要で

自分たちはこんなに、お金をかけてもらっているんだな

と感じてもらえたらと思います。

雇われて働く、起業して働くなどたくさんの選択肢を持っておいてほしいな

と考えました。

お申し込みはこちらです。