▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

通分の組み合わせを暗記するカード!ブーイング&妨害ルール

通分の組み合わせを覚えてテストされるカード

「暗記カード」

このカードはテストに合格すると

みんなが1枚山からとってくれるのでゲームにかなり有利な分

覚えていなくて間違えると自分が2枚山からとるはめになるので

天国か地獄か・・・

そんなカードです

何度もやっていると全員いつの間にか言えるようになります。

最初は暗記をせずに、

読んでもいいことにするようにするといいと思います。

ほぼ毎日「分数大好き」をする寺子屋ユウコチャングムでは

全員が完璧にいえます

最近は、ブーイングと妨害ルールができております(笑)

言おうとすると

「まちがえろ。まちがえろ」とコール

「テーブルを叩いて騒音をだす」

そういえば、バスケットのルールでも似たようなものがありますね

フリーでシュートが打てるときに

失敗するように相手側のチームを応援する観客からブーイングがおきるのです

「そんなことで失敗するような集中力ではない」と選手の方と話したときに

聞きましたが、それでも大勢の観客から地響きのようなブーイングがあると

ちょっと圧倒されるときはあるようです。

寺子屋ユウコチャングムのみんなは、割ともう呪文のように覚えているので

それぐらいでは大丈夫なのですが

逆に

「周りがうるさくて(テストの回答が)聞こえない!!

多分正解しているはず」

という展開に

間違えていてもわからない状況になってしまったり(笑)

遊びながらいろいろやってくれます

そうやって妨害されても、全く問題はなくみんな暗記していきます。

暗記してもう100回以上は読んでいる組み合わせです

そんじゃそこらの妨害ぐらいでは、平気です

ただまだ不安なプレイヤーはよく

「ちょっと待ってよ、ちょっと待ってよ」

と、言ってきます

それにはみんなで

「ずっと待ってるよ!!」と突っ込んでおります

「ちょっと待ってよ、まってまって と言いよると1分たちますよ」

なんて冷静な突っ込みも

暗記は難しいと思わず、ひたすら読んでいつか言えるようになってくださいね

一気に試合を有利にできる場合もあります!!

妨害は、子どもたちのハンデとして大人にはしてもいいけれど

小学生同士は喧嘩になりそうだから、気をつけてくださいね

完全に覚えて、もう間違えることもなってからやるとか(笑)

フェアプレイで(笑)

↑妨害に負けず言えたので1枚増えて6枚に・・・・