▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

1日は16時間!!セミコン挑戦で学んだ事 

最後の練習会を9月7日(水)に終え、

そこでアドバイスされたことを受けて、パワーポイントを変更し練習。

もう本番までは自分一人で考えます。

行き詰まったり、ちょっと疲れたりしたときに

グループ連絡網を見ると

立石先生から、「この動画のここを参考するといい」

と過去のセミナーの動画のURLが送られていました。

何個かあったのですが

優子社長が印象に残っているのはこのセミナーです

↑妊活中ではないんですが(笑)

動画の中で掘江さんが23時には寝てくださいと言いました。

練習をしていた優子社長が

この動画を見終わったときはちょうど23時ごろ。

練習をやめてすぐに寝ました(笑)

堀江さんは朝日を浴びてくださいとも言いました。

「朝日を浴びたら自然と16時間後には体は眠くなるようになっている!!」

それを聞いた優子社長

23時ごろには寝ようと心に決めたんです。

朝日も意識し始めました。

セミコン2日前ぐらいの話です。

16時間しか起きていられないなら!!!

と思うと

行動が変わりました。

今までは、暇さえあればついついfacebookを見ていました。

見ていると楽しくって気づいたら結構ば時間が経っていた!!

ということも多々あり

テレビがついていたら見てしまって、時間が経っていた!!

他のことでも、いざとなったら夜中に睡眠を削ってやればいい

と思っていました。

しかし、

23時に寝よう!!

自分の体を大切にしよう!!

としてからは、

この時間は寺子屋ユウコチャングムがあるから

それ以外だと

ここで生徒の書道のお手本を仕上げて

ここでパワーポイントを作り変えて

ここでブログを書いて

ここでセミコンの練習しかない!!

もう何時間練習する!ではなくて、

今しかできない事に集中しないといけない。

間に合わなかったら睡眠を削って

ではなくて、この時間でどうにかしないと!!

練習時間は短かったかもしれませんが、

そういう想いで練習できたのはよかったです。

それでも、ここしかない時間なのに、

「あと5分してからやろう」なんてことはありましたよ(笑)

人間ですから(笑)

前日も23時すぎには寝て、

朝起きて朝日を浴びながらラジオ体操第1と第2をしました。

今でも23時に寝ているかと言われると

0時をすぎたり1時になったりすることもあります。

でも、23時を目標にやってます。

1位だった高森さんは、前日は明け方までやっておられました。

それを聞いても

1位になるためには練習量が足りなかったとは思っていないんです(笑)

↑もっと練習量を反省しろ!!と突っ込まないわけではないのですが

こうやって臨んだことにまったく悔いはありません。

限られた時間を大切にするように

意識するようになっただけでも進歩です。

今でも

「もうあとでいいや」

「あとちょっとテレビ見よう」

なんてこともしょっちゅうあります。

こうなると当然、しわ寄せがきます。

「23時寝るに何を明日にするか」

「ちょっとだけ過ぎてもいいとして何を終わらせてねるか」

をそこから考えることになります。

朝日を浴びてから16時間たっていたとしても

眠気がこなかったら23時までは時間があるので

6時起きれば23時までは17時間はあります!!

セミナーの10分もそうですが

セミナーコンテストでは、時間の重みを学ぶことができました。